タグ別アーカイブ: SSD

Macbook Pro のHDDをSSDに換装するの記 (2)

どのようにデータを引き継ぐか

前回は、SSDを搭載しましたが、このまっさらなMacbook ProにどうやってOS Xをインストールして使えるマシンにしようか考えました。順当な方法としては、TimeMachineからの復元が考えられます。こうすると今までの環境をそっくりそのまま再現できるそうです。けれどもMountain Lionからバージョンアップを繰り返してきただけに、いろいろなゴミファイルなどもそっくり移し替えるのもどうかなと思います。

そこでOS Xをクリーンインストールして、必要なファイルやデータだけを引っ越せばいいのではないかと思いました。移行アシスタントというのがあるそうなので、そこからiPhotoで管理している写真や、iTunesの音楽データだけでも引っ越せるかなと思ったのです。

OS Xのクリーンインストール

OS XのインストールメディアはすでにUSBメモリに作成したので、これを挿してoptionキーを押しながら電源を入れると、OS Xユーティリティの画面が表示されます。

パーティションの作成 まだSSDがまっさらな状態なので、ここにOS Xをインストールできるように、ディスクユーティリティを使ってパーティションを作ります。

ディスクユーティリティを終了して、OS Xのインストールを行います。一回再起動したり、残り1分とか表示が出てから長かったり、ひたすら待ち続けていれば、インストールが終了し、OS X Yosemiteの画面が現れました。

今までは、リンゴマークが出てからログイン画面まで、だいぶまたされていたのですが、今回はほんの10秒ほどで立ち上がってくるのにはびっくりしました。これがSSDというものなのでしょう。しばらく、何回か再起動して感慨にふけっていました。次は必要なデータを引っ張ってこなくてはなりません。

移行アシスタントが止まる?

Macには移行アシスタントというのがあって、必要なデータを引っ越せると聞いていたので、TimeMachineに使っていた外付けのHDDを接続して起動をしてみました。

もっとも必要なデータといっても、文書ファイルなどはほとんどクラウドに預けているので、iTunesの音楽ファイルとiPhotoで管理していた写真が引っ越せればと思っていたのですが、移行アシスタントでは、個別に選択できず、書類とデータという非常にざっくりした分類でした。

これじゃまるまる復元するのとたいしてかわらんなあと思いつつ、実行してみました…が、いつまで経ってもおわりません。プログレスバーは残り数分のところで止まっています。HDDのアクセスランプも光っていないし、Macのキーボードをたたいても反応なし。いわゆるフリーズというやつです。

何回か繰り返すものの、やはり途中でフリーズしてしまいます。強制電源断から再起動すると、途中までコピーしたゴミファイルがどんどん貯まっていく始末です。

原因はわからないのですが、やはりダメージを受けたデータをバックアップしていたのがいけなかったのでしょうか。移行アシスタントによるデータの引越は失敗に終わりました。

結局単なるファイルコピーで移行完了

もともとあったハードディスクをハードディスクスタンドに刺す 結局手持ちのハードディスクスタンドを引っ張り出してきて、Macbookから取り出したHDDをセットし、直接ファイルを取り出すことにしました。こういうハードディスクスタンドは、一台あるといざというとき便利です。といっても、自作が趣味とかじゃないと持ってない人も多いかな…。

ともかくこれで、今まで使っていたファイルがすべて見える状態なので、そこから移動すればいいでしょう。

iTunesに関しては、アプリ側の機能で、ライブラリの追加を選び、接続したHDDのミュージックフォルダを指定すれば、音楽やらiPhoneのアプリやらごっそり移行できました。そのかわりこの方法では、プレイリストなどは再構築しなくてはなりませんでした。まあ、そんなにプレイリスト使わなかったからまあいいか。

optionキーを押しながらiPhotoを起動する iPhotoについては、まず接続したHDDのiPhoto Libraryを、Macのピクチャフォルダにコピーします。それからoptionキーを押しながらiPhotoを起動させるとライブラリの選択画面になるので、先ほどコピーしたライブラリを選択します。

これでデータの移行はほぼ終わったようなものです。やっぱり最後はコピー&ペーストが一番信頼できて速かったというオチでした。ともかく、これで安心してまたこのMacbookが使えるというものです。

アプリは必要にせまられてから少しずつ、インストールして環境を整えていけばいこうと思います。

SSDを搭載して、生まれ変わったMacbook Pro。もうしばらくはメインで使っていけそうです。

Macbook Pro のHDDをSSDに換装するの記(1)

MX100を購入する

悪いことは続くもので、LenovoのノートPCが不安定になって嫁さんが使うPCを先日買い替えたばかりなのに(画面を指で操作する世界が当たり前になるのかなあ | fumiton.nyanta.jp)、昨日書いたMacbookのハードディスクエラー。おまけにファイルサーバーに使っていたDellの古いデスクトップパソコンも電源トラブルで動かなくなりました。ここのところ立て続けにPCのトラブルに見舞われていますが、これも新しいことに挑戦する機会と前向きにとらえたいと思います。

というわけで今回、Macbook Pro (Late 2011)のHDDをSSDに交換してみることにしました。選んだSSDはこれ。 Crucial MX100

Crucial.com – Crucial MX100 SSD information

MX100は、ユーザーレビューによると価格性能比はとてもよいそうです。最初はMac専用のキットになっているTranscendのJetDrive™ 420にしようかなと思っていましたが、値段が少しお高いんですよね。

現在の使用量は200GBちょっとといったところなので、256GBでもよかったかもしれませんが、大は小を兼ねるということで、太っ腹に512GBのものを選びました。

換装はは割と簡単

このMacbookは以前メモリ増設をしたことがあるので、裏蓋を開けるまでは簡単なことです。精密プラスドライバーで裏蓋のネジを外し、裏蓋を外すと、長年のホコリが結構たまっているもので結構汚い感じ。 Macbook Proの裏蓋を外す 左下のハードディスクを交換するわけですが、右側の丸でかこったところがバッテリーからの電源供給口になっているので、念のため外しておいた方が無難です。 ブラケットのネジを取り外す ハードディスクは黒いブラケットで押さえてあるだけなので、プラスドライバーでネジを緩めて、このブラケットを取り去ります。 ハードディスクの取り付けネジを外す コネクタを抜くと、ハードディスクが取り外せます。取り外したハードディスクには取り付けネジがあるので、これを外さねばなりません。ただ、このネジは星形をしているので、トルクスドライバー(T6)で取り外す必要があります。

トルクスドライバーはいろんなサイズが入ったキットが千円くらいでホームセンターに売っています。3.5インチのハードディスクを分解するときなどT8というサイズが必要だったりしますから、一通りサイズはそろえておいてもいいかもしれません。 SSDを納める この取り付けネジを新しいSSDに装着して、ケーブルを装着して元のように納めて、ブラケットをとりつければ完了と言うことになります。

さてOSを入れてデータを移行しようとするわけですが

ハードウエアの改造はこの通り割と簡単です。昔のMacbookは、分解が楽なのでいいですよね。

このあと、このSSDにOSをインストールして、必要なデータを引っ越さねばなりません。Time Machineでデータのバックアップはとってあるし、Macは移行が簡単だという話を聞いていたので、安心していましたが、思わぬ難儀が待っていました。それはまた次の機会に。