タグ別アーカイブ: iPhone

第1クール第18日 7GBの制約

帯域制限予告メール
今回の入院では、治療といえば点滴注射のみであり、副作用も身体が怠いとか、食欲がないという類のもので、痛いとか苦しいというものもありません。ぶっちゃけていえば、ひたすらに何もすることがないわけです。

そうなるとこの時代のことですから、俄然インターネットに依存する生活になってしまっています。この病室と外界をつなぐネットワークの主役はスマートフォンであって、ぼくもiPhoneを持ち込んでその恩恵にあずかっています。数々のアプリがあって、写真も撮れば、日記も書ける、買い物だってできる、テザリングをすれば持ってきたノートパソコンもインターネットに繋がって、資料を作ることだって、会社のPCをリモートコントロールすることだってできるのですもの。そりゃあ便利なものです。

しかしやみくもに一日中つないでおくわけにもいきません。携帯電話会社は、1ヶ月の通信量が7GBを超えると、通信スピードを極端に遅くする帯域制限を実施するからです。ですから、動画だって見ませんし、アプリのアップデートだってめったにしないし、テザリングだって必要最小限で済ませている、つもりなのですが…。

今日、残りが1GBになりましたよという警告メールがやってきました。ぼくの場合締め日が10日で、それは奇しくも入院した日であり、それからLTE通信をすること18日で6GBを使ってしまったことになります。残り10日あまりを1GBの通信量で過ごすというのはなかなか難しいことです。節約したつもりでこれなのですから…。

twitterやfacebookをチェックしてRSSリーダーでフィードを購読し、メールをしたりブログを書いたり、時々テザリングして仕事をしたりすると、ぼくの場合どうしても1日300MBくらいは通信しているらしいです。そうなると月間7GBの縛りは、どうしても足らない事態になってしまいます。実際、前回の入院時もギリギリでした。

もっとも2,625円払えば、帯域制限を解除してさらに2GBの通信することができるようになります。まあそうしてもいいことはいいんですが、できれば通信量は安くあげたいですし。病室も個室に入れば有線LANが使い放題なんですが、こちらは一日あたり6,300円必要になります。どっか病院のひとフロアでもFREESPOTみたいなのがあればいいがなあと思いますが、それは贅沢かもしれませんね。

しかし何よりの解決策は家に帰ってしまうことです。そうすれば、通信のほとんどをWi-Fiで済ますことができます。明日にでも退院して、以降家で過ごすことができれば、残り1GBでも全然問題ないでしょう。その退院は、明日の血液検査の結果次第になっています。血液が回復傾向にあれば、その日のうちに退院する約束をとりつけました。検査結果が良好だといいのですが、さてどうなりますやら。

第1クール第13日 ふがいない父

血圧は上が100前後になり、体温も36度を切ることが多くなりました。なんとなく何をするにも億劫になり、動作がいちいち緩慢になり、いつの間にか深呼吸をしています。そんなだから、いつものシャワーを浴びるのも、今日は面倒くさいという気持ちが湧き上がって来ました。一方で夜間の尿漏れもあって、そのままにしとくのは気持ち悪いという思いもあり、結局はシャワーを浴びましたが、浴びたあとは疲れがどっと出て、しばらく横になっているような状態です。エレベータで下まで降りて、病院の外を少し散歩すると、もうそれだけで息があがっています。だいぶ貧血が進んだのだと思います。

とはいえ、4月に手術して、輸血を受ける前の貧血に比べれば、あの時はさすがに身体をおこすのさえしんどかったのですから、まだ全然余裕のはず。だから多少しんどくても、散歩をしたりストレッチはしておかなくてはいけないと思っています。動けるうちは動いておかないと、退院してからまた体力のなさに愕然とすることでしょう。

今日は子どもたちが見舞いに来ました。長男は一週間ぶり、先週宿題ができてなくて来なかった次男とは二週間ぶりに対面しました。久しぶりの対面に嬉しくて、ぼくがあれやこれや尋ねはするものの、子どもときたらなんということもない、父親へのいたわりの言葉ひとつかけるでもなく、ぼくのiPhoneを奪い取ってゲームに興じておりました。もっともぼくもこんな有様なので、声をかけるのも面倒くさくなり、ただゲームに興じる子どもたちを見守るだけではあります。

そのうち帰ることになり、下まで見送りに出かけました。長男はいきなり「ああ、つまらんなあ」と言いました。「これじゃ日記が書けんし」。毎週子どもたちは日記の宿題が出ています。日常のちょっとしたことを書けばいいじゃないかと思うのですが、子どもたちはどっか連れて行ってもらい、何かのイベントがないと書けないと言うのでした。

思えば、父ちゃんは今年に入ってから入退院を繰り返し、あんまり一緒に遊ぶこともできていません。たまに、どこかへ連れて行っても乏しい体力をあっという間に使い果たして「疲れた、疲れた」ばかり言ってましたしね。子どもから見たらふがいない父親に見えているのだろうなあ。もちろんいろいろ普段は気遣って、子どもなりに頑張ってくれていると思います。それでも今日は父親の前でたまらず「つまらん」と言わないわけにはいかなかったのだろうと思います。

子どもたちに「ごめんよ」と謝りながら、どうすることもできない自分に歯がゆい思いをして、去っていく後ろ姿をただ見送るのでした。

手術日の記憶

指輪と時計
4月4日、午前9時20分。指輪や時計を嫁さんに預け、血栓症を避けるための靴下を履いて、ぼくは手術室に向かいました。2ヶ月前も通った道を通り、一番奥の手術室に入るとエンヤがかかっていることにはじめて気がつきました。前回は緊張していて気づかなかったのかもしれません。

いや緊張といえば、やはり今回も心拍計の早さはびっくりするくらい早く、血圧も高く、看護師さんに「緊張しているのかな」と苦笑しました。何しろ麻酔などの前処置に1時間半、膀胱摘出の本手術に7時間かかると聞いています。9時間近くこれから意識がなくなるのかと思うと、鼓動が早くなるのでした。背中に麻酔のカテーテルをつけて、酸素マスクを被されて、左手の甲からの点滴で全身麻酔をかけられました。麻酔の先生が「麻酔がかかるまで、大きく深呼吸してください」と言われたので、これは確かに数を数えたのですが、5回深呼吸する間に意識がなくなりました。

その日の意識は目が覚めた後も非常に混濁していて、長時間の全身麻酔の後というのは夢ともうつつともわからないふわふわした感じなのだなあと思います。視覚の情報というのは割と残ってないけど、聴覚というのは割とはっきりしていて、聞いたことは覚えているのでした。

「採血をしますか、やめますか」という声が聞こえ、「ダメならやめましょう」と応えるのが聞こえます。ああ、これは手術後に採血をするって言っていたことだなと思いました。大方、採血に失敗したんだろうと思いました。

気管チューブを抜かれたのもかすかに記憶があります。その直後に嫁さんを視認したのでしょう「今なん時?」と声に出したつもりが、全然出なくてびっくりしました。でも嫁さんはわかったようで「9時20分」と言いました。予定では7時ころだったので、ずいぶんかかったなと思いました。

スマートフォンを操作する動作をしてiPhoneをもらい、生還したと書き込みました。これがまた全然フリックができなくて、入力するのに時間がかかりました。そのあと、カメラアプリを起動して、嫁さんに渡し「せっかくだから写真を撮ってくれ」と言いました。その写真をそのとき見たかどうか覚えてないですが、カメラロールにはひどい顔色をして横たわる自分が残っています。

もうそのときは嫁さんと病室に二人だったのでしょう。先生から説明を受けた手術の様子を話してくれました。3年前に盲腸をしたときの小腸の癒着が激しくてなかなか腸管を切ることができず、時間がかかったこと。大量出血をしたので輸血をだいぶ行ったこと。それでも手術は予定通り、代替膀胱を作成する手術にしたこと。そんなことを話してくれました。そして10時まで手を握ってくれました。

ぼくの記憶はこれが全てです。ところが荷物を持って帰ってくれとかとも言っていたようで、嫁さんがすべての荷物を家に持って帰ってしまっていました。翌日の未明にはしっかりした記憶に戻ったけれどiPhoneもないし、時計もないし、身体は動かないしで不安な夜明けを迎えたのでした。

準備をする日々

3月も後半になり、入院まで残すところ10日ばかりとなりました。仕事の引き継ぎや、入院環境の準備を少しずつととのえているところです。

今までぼくがおもに使ってきた業務用ソフトウエアも嫁さんに使ってもらうことになるので、そのマニュアルをスクリーンショットをとりながら作っています。こういうとき案外役に立つのがパワーポイントで、画面の左側にスクリーンショットを貼り、右側に操作説明を書くとちょうどいいくらいの情報量になります。ちまちま作っていると1ページに2枚のスライドを入れるようにして印刷したものが100ページくらいになりました。

入院中にこちらですぐに作業したいファイルはDropboxに移動しておきました。デスクトップにそのフォルダへのショートカットを作って、それを開けばたいていの資料は入っているからと嫁さんにも指示をしておきました。それでもまだ何か足りないような気がして、あれこれ考えたりするとキリがありません。

実際どれだけ役に立つかわかりませんが、Chromeリモートデスクトップアプリも入れてみました。Chromeをたちあげておいてくれれば、リモートPCのデスクトップ画面を見ながら作業をすることができます。ファイルの移動やPCの設定変更くらいはできそうな気がします。

このタイミングでの機種変更は不本意ではあったけれども、iPhoneも5にしました。LTEのスピードとテザリングが欲しかったのです。前回の入院で3Gモバイルルーターを持っていったのですが、やはりスピードに苛つくことが多々ありました。モバイルルーター以外でも、インターネットの接続手段があれば安心でもあります。

これまで外出時にはVAIO Pを相棒としていたけれども、さすがにAtom機ではWeb閲覧も厳しいことが多くなり、今回はMacbook Proを持っていくことにしました。Windows環境もどうしても欲しいので、BootcampでWindows8も入れました。Windowsでしか動かないプログラムを入れてあります。IEでしか受け付けてくれない銀行振込などもこれでやれないこともありません。

荷物を入れるカバンもソフトバッグをやめにして、ハードタイプのキャリーバッグを買いました。ソフトバッグは意外に荷物が入らないし、病室においておくのに収まりが悪く、掃除してもらうにもカバンの周辺は手がつけられません。この手のバッグだったら容易に移動ができるし、退院後に体力が落ちても転がしていけるのでいいかと思います。

迷惑をかけそうな方々へもひと通りご報告をしておきました。長期入院といえば誰もが驚くことですから、病状についても説明することになります。人の受け止め方は様々でしょうが、前にも述べたように、自分自身に正直であれと決めたのだから、きちんと本当のことをお話するしかないと思っています。

まあこのようなわけで、3月は淡々と準備をすすめています。別段死ぬわけではないと思いつつ、もう少し準備する時間があればなあと思います。

一番準備がなっていないのは自分の心かもしれませんが。

iPhone5は見送ろうかと思う…

iPhone5が発表されてSoftbank、auとも料金が発表されて、予約がはじまったわけですが、今回はなんとなく見送ろうかなあと思っています。情報量の増えた画面サイズや処理速度の向上など魅力的な端末であると思います。やがてiPhone5の縦長の画面がアプリのデフォルトになっていくようになれば、また考えようかとも思うのですがそれまではね。

今回LTE対応になったせいか、各社とも月額料金があがるんですよ。Softbankなんか千円もあがる。LTEなんてのは都会地ならともかく、山陰のここまでやってくるのはいつのことになるやらですし、サービスもどうせ市内中心部だけだろうと思うのです。

まあ体験していないのでなんとも言えないのですが、いったいに携帯のネットワークで最大○Mbpsとかいって、その最大値が出たためしなどないじゃないですか。今の3Gだって1Mbpsでたら御の字という有様で、LTEが無線LANよりも速いなんてにわかに信じられないんですよ。

携帯通信は、今のところはせいぜい数Mbpsあれば十分と思っています。自分の中ではフルハイビジョンムービーを劣化なくがんがん見るくらいしか、高速通信の使い道がないような気がするんです。で、結局そんなことしたら帯域制限くらってしまうのがオチだったりするんじゃないのかなあ。

まあまだ始まってもいない、そういうよくわからないサービスのために月額千円もあがるのはちょっとなあ。もう少し回線具合を見てから決めても遅くないんじゃないかなあとも思いました。

これを機に自分の携帯料金も少し見なおさないとなあと思います。ドコモのガラケーとソフトバンクのiPhone、それにデータ通信専用のモバイルルータもあるんですよね。これを少し整理しなくちゃ。携帯電話はひとつにしたいけどSoftbank一択は不安だし、かといってiOSは捨てがたい…。SIMフリーのアンドロイド機を手に入れて、テザリングでiPod touch使えばいいかなあと思ったり…。んー迷うなあ。

MapFan for iPhoneがなかなか便利なカーナビだった


MapFan for iPhoneという地図アプリがあって、随分昔になんかのセール期間中に購入したのですが全然活用してませんでした。というか削除していました。このアプリ、サイズが1.5GBもあるんですよ。3GSの時代には容量もいっぱいいっぱいだったこともあって、ちょっと使ってみたけどお蔵入りにしていたんですよね。

すっかりその存在を忘れていたのですが、最近バージョンアップしたとかいうニュースをちらほら目にして、もう一度入れてみようかなと思いました。4Sは32GBなのでまだ余裕もありますし。

再度入れてみていじっていたら、単にオフライン地図というだけじゃなくてナビ機能が使いでありあそうなんです。例えば検索でちょっとした観光地の電話番号や名前とかを入れると地図上に表示してくれます。

その場所のフラッグをタップするとこの場所をどうするか聞いてきます。場所をブックマークして保存したり、「ここに行く」というところをタップするとルートを表示してくれます。

ルート表示では、有料道路を使うか、下道を行くか選択することもでき、車種を入力しておけば高速道路の料金も表示してくれます。このルートを保存しておいて、あとから再利用することもできます。

「ナビ開始」をタップすると注意事項が表示されるので同意して、現在地マークを押すと音声で「ルート案内を開始します」といってくれます。そう、音声案内もしてくれるのです。

ホームセンターで安い車載フォルダを買ってきて、iPhoneを取り付けて実際に走ってみました。交差点の曲がり角などをきちんと指示してくれます。ルートを外れた時に新しいルートを再計算してくれる機能もあります。

もっともこのオートリルートのルーチンはちょっとおバカな感じ。特に、高速道路を利用しないルートを最初に選択したとき、高速道路に乗ってしまったら高速道路に乗ったものとして計算をしてくれたらいいのですが、MapFanでは、一般道への道を延々と再計算して「ルートを外れました」という音声を10秒ごとに聞く羽目になってしまいます。

またiPhoneのGPSだけの測位なので、交差点の距離が少しずれたりしてますし、トンネル内では動いてくれません。

でも簡易なナビゲーションとしてはなかなかいいと思いました。地図データ内蔵なので電波が届かないところでも使えます。そうそう、この地図データでは先ごろ開通した松江だんだん道路もしっかり表示されていて、Googleマップより新鮮でしたよ(今のところは)。

他のカーナビアプリは使ったことがありませんが、年度ごと課金が多い中、このMapFanは買い切りですし、5月14日まではセール期間中で安く買えるそうなので、カーナビがないという方はお得じゃないかなと思います。


MapFan for iPhone

カップ麺タイマーにSiriを使うといいよ

小腹が空いたらカップ麺時々食べるんです。そんなんだから痩せないんです…。

それはともかく、湯を注いだら3分なり5分なり待たなくてはいけません。そんな時、どうしてますか。キッチンタイマーなんて事務所にないので、コンピュータのタイマーガジェット開いてスタートとかするんですよ。でも、最近Windowsあんまり使ってないし、Macのガジェット開くまで画面戻してなんてやっているとあっという間に15秒くらい過ぎてしまいます。

そんな時iPhoneのSiriに話しかけてみましょう。

「3分タイマースタート!」

おおっ!見事にタイマーを起動してくれます。おまけにメモリがだんだん減っていくギミックつき。

時計>タイマー>時間セット>開始と押していくよりも断然速くておすすめです。ま、こんなことくらいにしかSiri使いこなせてないんですけどね…。