タグ別アーカイブ: 文房具

万年筆の魅力

万年筆のペン先
デジタル記録にこだわり、パソコンやスマートフォンでメモを取ることばかりだったのですが、去年あたりからノートにペンというアナログな手段で記録をとってきました。

A5サイズのツバメノートにノートカバーをつけて、万年筆でノートを取るのです。会議のメモはほとんどこのスタイルですし、雑然としたメモもとりあえずこれに記録しています。また折に触れ手紙やメッセージカードを、手書きで書くようになりました。

少し前まで日々の行動記録もノートに書いていましたが、こちらはデジタルの方に分があるように思い、今は最終的に日記アプリに落とし込んでいます。

さて、使う筆記具はたいてい万年筆です。なぜ万年筆か、ということは一度以前に書きました。

ペンと紙で書くこと | fumiton.nyanta.jp

しかしそれだけでなく万年筆という筆記具には人を引きつける魅力があるように思います。

万年筆を使うようになってから、そういえば昔もみたような気がするがと、家捜しをしてみると、結構何本も古い万年筆が見つかりました。

それらはたいてい、長いこと放置され、ペン先はインクがこびりつき、軸も傷やほこりだらけだったりしてそれはひどいものでした。けれども、何日も水に漬けてインク汚れを落とし、乾燥させてきれいに拭き上げ、メーカーのカートリッジを挿すと、また書けるようになるのです。

薄汚れて放置された、もう何十年も、それこそ半世紀にもならんとする昔の筆記具が、ふたたび生まれ変わり、また書けるようになる、ぼくはそのことに感動しました。30年40年経って今でも実用になる道具というのは、なかなかありません。数年で廃れるデジタル機器に囲まれた現代では、なおさら感慨深いものがあります。

誰が使ったのだろう、使ったとすればうちの親だったかもしれません。あるいは記憶に薄れているけれども子供の頃のぼくが、誰かにもらったものかもしれません。再びそれを今手にして文字を書いている。何かの縁がこのペンとあったのかもしれないと思うとワクワクしてきます。

さて、手入れをした万年筆にインクを入れてペンを走らせてみると、これが一つ一つ書き心地が全然違うのです。紙に当たる感触、インクの出方、文字の太さ、それらが一本一本違う。これがまた何とも興味深いのです。

ペン先の割方であったり、材質であったり、軸の太さだったり、インクの材料であったり、製造メーカーの方針であったり、それらが複雑に組み合わさってその万年筆の書き心地が決まるのだといいます。そして、一つの万年筆でも、長く使うとペン先がすり減って、書き手のクセを反映した、いわば手にあったペンになるそうです。

いろいろ調べていくと、世の中にはペン収集という趣味もあるということを知りました。まるで美術品かのような意匠で、何十万円もするものがあったりします。数量限定モデルなんてのもあります。ペン先を書く人の好みにあわせて加工してくれる専門家もいます。

そういうのを知ると、まだ書いたことがないペンが、どんな書き心地か体験したいと思う気持ちも出てきましょう。愛用の一本を見つけだして、ペン先を育てる楽しみもありましょう。スマートフォンで、モンスターをゲットしてそれを育てるゲームが流行っています。まだ見ぬモンスターに思いをはせ、気に入ったキャラを育てていく。万年筆収集も同じようなものかもしれません。

ぼくも最初は文字さえ書ければと思ってはいたのですが、いつの間にか万年筆の数が増えてきてしまいました。それにつれてインク瓶からインクを吸い上げて、いろんな色を楽しむようにもなりました。マニアにはほど遠いですが、万年筆の魅力にとりつかれつつあるようです。

ペンと紙で書くこと

メモパッドと万年筆
レターペンココイロで文字を書いた時の喜びについて前に書いたのですが、それ以来、文字を手書きすることが楽しくなってきました。

以前ならどうでもデジタルで記録することにこだわって、メモはiPhoneでというシーンが多かったのですが、最近はA6サイズのノートカバーにメモパッドを仕込んで、それに手書きでメモをとることも増えました。メモパッドは書き終えたら切り取って、それをiPhoneのスキャナアプリやScanSnapにかけてEvernoteに保存しています。そこんところだけはデジタルの要素を残しつつ。

手書きのメモをデジタル化しても、あとから検索するのもデジタルに比べて劣りますが、日付をもとにしたり、適当なキーワードを付け加えておけば、大丈夫かなとも思います。

不便さはあるものの、レイアウトが自由にできますし、筆跡からメモを取った時の気分なども思い出すことができるのは、手書きのメモならではの利点です。それに何より手で文字を書くことが楽しい。

筆記具もココイロの他に、万年筆も使うようになりました。手に優しい筆記具といえばやはり万年筆もあげられます。

若いころに、都会の文具屋さんで一丁前に試し書きをしながらペン先を選び、名前まで入れてもらった万年筆を買ったことがありました。その書き心地は大変よく、文字を書くことが楽しくて仕方なかったことが思い出されました。

さて、あの時に買った万年筆がどこかにあったはずだ、と今回だいぶ家捜しをしたのですが、どうしても見つかりません。本当にもったいないことをしてしまったものです。

そうなると、万年筆がどうしても欲しくなって、パイロットのカクノという安い万年筆を買ってきたり、家捜ししたときに見つけた、これは作ったのとは別物の、中古のセーラーの万年筆をきれいに洗って、お湯につけたりして、復活させて使うようになりました。

それらの経験はまた少しずつ書いていきたいですが、あらためて万年筆で書いた字はいいなあと思います。万年筆で書くと手に優しいのはもちろんですが、線の強弱やインクの濃淡によって、字に表情が出てくるように感じるところがいいのです。そこには、お定まりのPCフォントでは決して表せない、書き手のそれぞれの個性が現れ、そこに字が上手いとか下手とかを超えた、味わいというものが出てくるように思います。

あれほどデジタル人間だったのに、その変化には自分でも驚いています。でもなんかいいんですよ。紙にペンで書くことが。

レターペン・ココイロで書くと腕が痛くならなくてよかった

\"レターペン・ココイロ\"
入院中に手紙を書いたのですが、普段ペンなど持つ習慣がなくなってしまった身には、これがなかなか辛かったです。何が辛いかというと字を書いているうちに、腕が痛くなるんです。手首から肘にかけての手の甲側の筋肉、浅指屈筋というそうですが、そこが痛くてたまらない。筆記具の握りが強いのか、持ち方が悪いのか、ペンを握ることも辛くなるので、休み休み書きました。

きっと筆記具をとって手紙とか書かなくなったせいだと思うんですよ。いつもキーボード打ってるんじゃなくて、腕を鍛えるために、たまにはアナログな文章を書くのもいいかもしれんと思いました。万年筆とかまた使いたいです。そういや名前彫ってもらった万年筆、あれどこいっちゃったんだろう。

退院してから、文房具屋さんに行ったんです。万年筆とか高いのは買えないけど、ふと手にとったZIG Letterpen COCOIROに惹かれました。筆ペンコーナーにあったので、小文字用の筆ペンかと思ったのですが、どうも違っていて、サインペンのようなペン先をしながら、適度にそれがしなるので、強弱がつけやすいようです。

メーカーサイトには

新感覚のペンです。筆ペンのように、しっかりと「とめ・はね・はらい」が書け、サインペンのように細い文字も書くことができます。

とあります。

お店にはなんかカラフルな柄しかなくて、おっさんが手にするのはどうかとも思いましたが、キャップが黒なのがせめてもの大人の雰囲気、と思って和柄のものを一本買ってみました。いろんな色の軸があることは、あとから公式サイトで知りました。

さて早速に手紙を書く機会がやってきまして(それは長男のトラブルについての小学校への詫び状だったんですけど)、ココイロを使って書いたところが、不思議と腕が痛くならんのを発見し(手紙の内容はともかく)、たいへんうれしくなりました。このペンは筆圧をかけて書くようなペンではないので、力がはいりすぎないのがいいのかもしれません。しなやかなペン先がショックを吸収してくれるのもあるのでしょう。

それ以来、気に入って使っています。ただ、書き味はいいのですが、しばらく書かないでいるとペン先が乾いて、書き出しがかすれてしまうので、書かない時はキャップを忘れないようにしないといけません。それとこの派手な本体の模様は、やっぱり少し恥ずかしいかな…。

ココイロは本体とリフィルとを自由に組み合わられるよう、いろいろな種類があり、本体だけ、リフィルだけという売り方もしてるようなので、もっと落ち着いた色の本体をいずれ買ってみたいと思います。もっとも、この本体とリフィルとを豊富に品揃えしているお店がこちらでは見かけないんですが…。