タグ別アーカイブ: 受診記録

泌尿器科にかかる。

ここのところ肉体的にも精神的にもきつくて、11月はとうとうブログも更新しないまま、殺伐とした日々を送ってきました。繁忙期に入ったこともあって、肉体的にはまだまだきついですが、心は少し楽になったので、またぼちぼち書いていければと思います。この前の投稿が病院ネタでまたおんなじような内容ですが…。

さて殺伐とした日々の影響があったのか、10月半ばに血尿が出て、しかも見事に赤い色だったので、さすがにこれは申告をしとかないと行けないような気がして、先日の診察時に主治医に申したところ、泌尿器科にいけ、とのことで二週連続の病院通いになってしまいました。

前にも血尿で泌尿器科にかかったことがあります。その時は結石によるものだろうということでした。四年前に尿路結石の痛みに耐えかねて救急外来を受診して以来、腎臓に結石をもって生活をしてきました。

今回も、そのようなことかなとも思いつつも、より悪い状況も頭をよぎり、内心ビクビクしながら診察をうけました。

尿検査の結果、微量の赤血球がまじっているものの、腫瘍などの状態も見られず、レントゲンでは長年養っていた結石も今回きれいに消えており、心配した状況ではないとの説明を受けました。それではあの鮮血のような尿はいったい何だったんだということになります。医者の話では、血液内科で処方されている薬の影響によるものではないかということでした。確かにグリベックの添付文書には腎臓への影響も書いてあるので、血尿も時にはあるのかもしれません。としても、あの色はさすがにビビるんですが…。

まあでも、自分が全く医者いらずの体だったら、かえって診察は受けていないかったかもしれないと思えば、これも一病息災と前向きに考えるようにします。

内視鏡はきつい

2ヶ月前の診察で胃の不調を訴えたところ、胃カメラの検査を入れられていよいよ本日それに臨むことになりました。幸いそれから胃酸があがってくるなどの症状はほぼ治まっていたのですが、検査は検査として受けておくべき歳なのかもしれません。

胃カメラはだいぶ昔に一回だけ飲んだことがありましたが、えらくしんどかった記憶があります。果たして今回もなかなかしんどいものでした。

まず喉の麻酔がなんとも気持ち悪いものです。絶飲食で一晩過ごしたら、コップ一杯の液体を飲まされます。これは胃の中をきれいにする薬だそうです。また、胃の動きを抑えるための筋肉注射もします。そして、喉の麻酔をするためのゼリーを口に含んで5分くらい待つのです。次第に口の中がしびれてくるのですが、これがなんとも気持ち悪い。

そしてやはり胃カメラを飲むのは苦痛でした。横向きに寝てマウスピースをかまされ、細い管を入れられるのです。強烈なゲップで異物を吐き出そうとする胃をなんとかなだめなければなりません。ゲップが出ると胃が収縮してうまい具合に写真が撮れないのです。

とはいえ、いわば反射のようなものですから、なかなか止められません。先生には「ゲップをやめないと検査が終わりませんよ」などと叱られる始末。苦しいし、涙目にはなるし、情けない姿で検査に耐えなければなりません。

ようやく意識を胃からそらして、呼吸をとめるようにすると少しはマシだということに気づいた頃には検査は終わっておりました。

検査後は診察までの間になんか食べてやろうという気でまんまんでしたが、実際に検査を受けると喉はしびれているし、なによりも胃がびっくりしすぎたのか、食欲も一気に減退して結局何も食べられませんでした。

もろもろの検査が終わり、いつもの診察になった時にモニターで写真を見せてもらいました。検査した医師は逆流性食道炎ありの初見でしたが、主治医はまあそれほど心配したことはないだろうということになりました。その他胃潰瘍や腫瘍の痕跡も特に見つからず。

腹部エコーでは胆嚢にポリープもあるということでしたが、これもコレステロールポリープで心配することはなかろうという見解でした。

念のため胃酸を抑えるオメプラールという薬は継続して飲むことになりました。

まあ苦しい思いはしましたが、軽微な症状だけだったので、よかったといえばよかったのでしょう。これで腫瘍なんか見つかっていたらあとがやっかいでした。それにしても胃カメラ、もう少し楽にできるようにならないものですかね。

診察日。日赤の新館と胃の不調と高額療養費と。

昨日は二ヶ月ぶりの診察でした。その間に、普段通っている松江赤十字病院の新病棟がすっかり完成して新しい建物で受付や診察をすることになりました。

慣れ親しんだ本館とよばれた建物は、いよいよ解体作業に入っています。入院するときにあちこちたらい回しにされた窓口や、夏場、夜になると冷房がとまりうだるような暑さの中で過ごした病室や、下の子が生まれた時に面会した部屋などももうなくなってしまったかと思うと、少しばかり寂しくも感じます。

新しい外来は近代的な建物で、各所に大画面のモニターがあって検査や診察の呼び出しもこのモニターを通して行われるようになっていました。受付などの案内表示には英語表記もされて、外国人の方にもやさしいものになっているのかと思います。すっきりしたゴシック系の案内表示を見ていると、どっか知らない病院にきているようにも思いました。

今回の診察では、特にかわったことはなかったのですが、ここのところずっと続いている胃の不調について申告しました。いわゆる逆流性食道炎という診察で、新たに胃酸をおさえる薬が処方されることになりましたが、一応次の診察で胃カメラを飲んでみませんかと勧められたので、おとなしく従うことにしました。

胃カメラは若い時にやったことがありますが、なかなかしんどいものでした。ゲップをすると胃が収縮して画像がよく見えなくなるので、なるべくゲップをしないように言われるのですが、これが結構出てしまうし、苦しくて涙は出るし、おまけにその時の検査技師が高校の時の同級生だったのでずいぶん恥ずかしい思いをしたことを覚えています。

しかし、胃がこれだけ弱いのが続くと心配でもあるので、検査もやむを得ません。潰瘍や腫瘍がなければいいなと思います。

さて、この4月から高額療養費がかかる外来患者に対して、健康保険限度額認定証というものを発行してもらえるようになりました。この認定証をもらい、医療機関に提示すると、最初から自己負担上限の支払いで済ませることができるようになります。これまでは、一度窓口で三割負担分全額を支払って、あとから健康保険協会に高額療養費の申請をして、過払い分を払い戻してもらわなければなりませんでした。

ぼくも前回高額療養費申請をした時に勧められて発行してもらいました。前回の申請では病院側のミスで全額負担をしたのですが、今回の支払いではしっかり適用されて、支払金額がずいぶん安くなりました。ぼくのように慢性的に高額の医療費がかかる患者は多数該当といって、通常の高額療養費よりもさらに負担が軽くなります。当初の説明では、最初の数回は多数該当の適用がないので、あらためて協会けんぽで手続きをするように言われていたのですが、今回しっかり多数該当として認定された金額になっていました。これで、あらためて高額療養費の申請をする手間もかからないし、一時的な負担増で家計に困るということがなくなったのは、大変ありがたいことです。とはいえ44,400円の負担はなかなか大きいですけどね…。

デメリットとしてはクレジットカードの支払額が減ってポイントがつかなくなることでしょうか。なんといっても今まで医療費だけで100万円以上クレジットカードを使っていましたので、それなりにまとまったポイントがたまっていたものです(^_^;)。でもやっぱり月々の負担が少ないほうがいいですよ。

毎回多額の診療費を払っている患者さんは、この限度額適用認定証を発行してもらいましょう。一般的な社会保険でしたら健康保険協会に、国民保険なら市町村で手続きできます。

全国健康保険協会の限度額適用認定証のページ

診察日

本来なら昨日検査を受けるはずだったのですが、すっかり予定を忘れていまして、今日は血液検査と診察を一緒に受けてきました。待ち時間が長くなるので嫌なんですが、意外や外来が空いていてスムーズに診療を受けることができました。

ここのところあちこちの筋肉がつるという症状があったので、そのことを医師に伝えました。複合的な理由はあるだろうけれども薬の副作用でそういう症状がでることもあるそうで、対症療法として漢方の芍薬甘草湯を薦められました。筋肉のこわばりに効果があるそうです。

また先日調べていたグリベックの長期投薬で寛解継続ならやめることができるのではないか、という研究について問うてみました。そのことは先生も知っておりましたが、投薬中止で悪化する確率も高いのでなかなか薦められないということでした。それでも「一年やめてみてまた悪化したとしても、ものは考えようです。一年しかやめられなかったのか、一年もやめられたのか。やめた一年で経済的にも身体的にも楽になってQOLが向上するならという考えもあります。まあどう考えるか、ですね」ともおっしゃいました。

まあ患者の考え次第なところはあります。最終決定の権利と責任は患者にあるわけで、医者が決めてくれるわけではないのはわかっています。だいぶ悩みましたが、やめるならいつでもやめられるわけだし、もう少し考えてからということで、今回は薬を処方してもらうことにしました。薬も増えたし、診察は9週後になったので、クレジットカード20万円超えですよ…恐ろしい。

それよりも問題なのは中性脂肪と血圧が高かったことです。これはまったく本来の病気には関係のないところの問題です。このところの体重の増加もあって、運動不足を感じてはいたのです。そして血液検査と血圧測定の結果は、運動不足を数字でしっかり裏付けてくれたということです。

このままじゃ白血病じゃなくて、生活習慣病で死にます(笑)。運動しないと。

祝15周年w

今日は月一回の診察日でした。待合でベンチに腰掛けながらつらつら考えると、ぼくが白血病を発症して入院したのが1998年の夏だったので、ああ15年経ったんだなあと気づきました。

医療の進歩というもののおかげで、本当に楽に治療を続けることができています。

最初はインターフェロンの自己注射でした。毎日太ももにこれを打つわけですが、発熱したり鬱になったり、頭の毛が抜けてしまうこともありました。慣れてくると副作用はだんだんなくなるのですが、腿はぱんぱんに固くなってだんだん注射を打てる場所がなくなってくるわけです。嫁さんに頼んでお尻に打ってもらおうとしましたが、やっぱり怖くてダメだったり。

しかし、数年後にはグリベックという飲み薬が日本でも承認され使えるようになりました。これが副作用があまりなく、しかも錠剤で、効果も抜群という夢のような薬です。多くの慢性骨髄性白血病患者がこれによって救われました(もちろん効かない患者さんもいらっしたり、薬剤耐性がついて症状が悪化する方もおられますが)。ぼくも服用するようになって、劇的に血液の状態がよくなり、まったく普通の人とかわらない生活ができるようになりました。

ただ高価なんですよね。毎月の医療費の自己負担額は軽く10万円を超えてしまいます。ですから、社会保険の高額療養費制度はかかせません。本当にありがたく、ぼくのようなものは社会保険制度によって命がつながっているといっても過言ではありません。

慢性骨髄性白血病を難病指定にして医療費免除をという運動もありますが、なかなか実を結びません。今後、原発等の影響でこの手の病気になる人は増える可能性もあり、医療費抑制という観点からは難しいかもしれませんね。はやくこの手の薬もジェネリックとか出て欲しいけど、なかなかそういうわけにはいかないようです。

そうして十何年、月一回の診察を続けてきたわけですが、今日先生が診察間隔を延ばしてみようと提案をしてくれました。ずっと遺伝子検査でも陰性がでているので当分は大丈夫だろうという判断です。これからは2ヵ月に1回の診察になります。

医療費的にもとても助かることになりました。1回の負担はとんでもない金額になりますが、高額療養費を使えばあとからかなりの額が戻ってきます。単純に計算すれば自己負担が年間で半額になるわけで、とてもありがたいです。

よって今日もらった薬は63日分。精算機に表示された金額はさすがにぞっとしました。クレジットカード様々ではあります。高額療養費で返ってくるのは3ヵ月から4ヵ月後になるので、それまで何とかお金をまわしていかなくてはなりません。がんばろ。

退院一週間で全快。

退院から一週間経ち、ぼちぼちと仕事をしたり休んだりを繰り返していました。傷口にはあいかわらずガーゼをあてて血のしみ出すのを受け取り、それがとまるのを待っていたわけですが、一昨日くらいからだいぶしみ出す量も少なくなってようやく傷口もふさがってきた様子のところに外科の外来診察がありました。

執刀してくれた先生が傷の様子を見て「それじゃあこれで終わりにしましょう」とのことで、今回の入院騒ぎもようやく収束することになりました。今後は風呂にも入ってよいし、体調をうかがいながら運動をしてもよいとのこと。

今回はじめて詳しく患部の様子を知ることができましたが、虫垂と呼ばれる本来細い器官が長さ6センチ幅3センチくらいのどす黒い色に変色していて、周囲に張り付いており相当ひどい部類の虫垂炎だったとのこと。しばらく管が体内に入っていたのは腹膜炎の疑いがあったからということでした。幸い腹膜炎はたいしたことなくて、管からも数日できれいな体液が出てきました。患部の病理検査もしたそうですが、悪性のものとかではなく純粋な虫垂炎だったそうです。

回復が遅れたのは、切除あとが化膿してそこからの出血がとまらなかったので、一旦抜糸して傷口を開いてそのまま自然と閉じるのを待ったためでした。普段から赤血球や血小板が少ないので、普通の人よりも回復が遅れるのは仕方ないです。

まだ切除あとはつっぱったような痛みや違和感がありますが、これで一応全快ということになります。TwitterやFacebookでは、皆さんにいろいろとご心配をいただきありがとうございました。

以下はざっとした入院経過を書いておきます。
続きを読む

入院してます

タグ付きの腕

思いもがけず、先月の26日の深夜から入院しています。

最初は食あたりか何かと思っていましたが、三日目にしてもなかなか高熱と腹痛が治まらないので救急外来にかかりました。ちょっとあごひげをかっこ良くはやしてメガネをかけた若い担当の内科の先生は「盲腸じゃないんですか?」と言って、自信あり気にニヤリとしました。盲腸とは不覚でしたが、これならたいしたことないなと思いました。ほら、薬で散らすとかよく聞くじゃないですか。

ところがその先生は否定します。ひとつに血小板の数値が低いこと。これは確かに普段から薬を飲んで落としてあるので、仕方ありません。もうひとつはすでに腹痛から三日経過し、他の臓器に癒着してしまっているかもしれないと。そこで手術を勧められました。

手術は仕方ないとしても、もう深夜だしどうせ翌日の日中だろうから家に一度帰りたいと言いましたがそれも許されませんでした。脱水がひどかったのであっという間に点滴をつけられ、腕にタグをつけられ、造影剤を入れたCTを撮られ、虫垂炎の診断が確定し、手術の同意書が回ってきました。

登場したのは四角いメガネをかけた眉毛のキリっとした消化器外科の先生で「いつ手術をするんですか」と聞くと「今からやります」と。「いやもう深夜も11時なんですが…」「それでもやります」とキリッと言われ、局部麻酔の説明やらなんやらを受けて、看護師さんに下の毛を剃られ、病衣を着せられてベッドに載せられて手術室に入りました。

その外科の先生ともう一人少し年配の先生と看護師さん二人で手術となりました。腰に麻酔を打たれて、足の感覚がなくなったところでお腹にメスが入りました。まあ最初はチクチクした感じがするだけだったのですが、なかなか患部が取れないとみえ、次第に胸のあたりがぐっと下に引っ張られる感じになって、気持ちが悪くなってきました。そのうちだんだん麻酔も切れてきたのか腹部も痛くなり、看護師さんに頭をなでられつつ「リラックスして」とは言われるのですが、ちょっと触られるだけで、ぐっとお腹に力が入ってしまう始末。とうとう最後には年配の先生が「全麻にしましょう」とおっしゃいました。ぼくも正直言って死ぬほど痛かったので「早く眠らせてください」とお願いしました。身長、体重を聞かれその場で答えて麻酔を決定するという超適当な全身麻酔だったとは思いますが、ゴムキャップをかぶせられてしばらくしたらまったく記憶がなくなりました。

次に「終わりましたよ」と呼びかけられて朦朧としながら「今何時ですか」と聞くと「2時半です」と誰かが答えてくれました。少しずつ意識が戻ってきて、ぼくは手術室を出されて病室にいて、顔には酸素マスクをかぶされて、胸には心電モニターをつけて、左腕には点滴が入って、右手には酸素モニターがつけられ、さらに尿管カテーテルを挿入されているという管だらけの姿でベッドの上にあったのでした。

気がつくと仕事があるからと帰した嫁さんがそばにいました。さっそくiPhoneをもらい「生還した」とつぶやきました。生還という言葉が実にしっくり来る感じでした。たかだか盲腸だったのですが、まったくあなどれない緊急入院劇ではありました。

◆◆

今回経過をできるだけ残しておこうと逐次twitterでつぶやいたところ、フォロワーの皆さんから多数のお見舞い、励ましのお言葉をいただき本当にありがとうございました。お陰さまで大いに力をいただき、入院生活も寂しくありませんでした。ブログでもお礼を申し上げておきます。