カテゴリー別アーカイブ: 買い物やレビューをしたお話し

Windows7にしぶしぶ買い替え

仕事で使っていたPCがWindowsXPでして、サポートも完全に切られるしもうそろそろ潮時だろうということでWindows7のPCを買いました。3万9千800円なり。

なぜいまだにメインマシンがXPであったかというと、これはひとえに業務用ソフトウエアがXP対応であったからです。もちろん、バージョンアップすれば新しいOSにも対応できるのですが、業務に特化したソフトウエアというのは金額もお高いので、どっかのワープロソフトがごとく毎年毎年バージョンアップなんかできません。

PCやOSはいつでも替えられるんです。費用もたいしたことない。ただひとえに業務用ソフトウエアを使い続けるためXPを延命してきたのでした。

しかし、以前ならマシンを買い換えるとなるとかなりテンションがあがって、セットアップも気合が入ったものでしたが、どうも今回は「なんでもいいだろ、使えれば」という感じで、気乗りがしません。

もっとも、仕事の内容が今のPCで十分間に合っていたというのもあります。ゲームや動画のエンコードなどもすっかりしなくなった今、オフィスアプリケーションが使え、インターネットに接続できればそれでよいわけで。

それだけの用途なら、Core2Duo E6850という数年前のCPUでもまあ問題ないのです。だから、今回のマシンもかなりチープな構成にしました。CPUはCeleron G1620。最廉価版のCPUですが、これでもE6850よりか性能がいいそうで。

Intel Celeron G1620 vs Core 2 Duo E6850

まだインストールしているソフトウエアも必要最小限なので、サクサク動いていい感じです。

用途を限って使うならPCの性能はもう必要十分な水準に達してしまったのかもしれません。だから、情熱が向かないのかなあと思ったりもします。

昔はスペックがあがればこんな素晴らしいことができる、という希望があったのですが、今はそうではありません。PCに限らず、いろんな製品が高性能だけど、過剰すぎてお腹いっぱい状態みたいなことを感じます。

これは自分が年をとって、いろいろな製品の性能のアップについていけなくなってきつつあるからなのか、とも思ったりしますが、はたしてどうなんでしょう。

業務の移行が終わるまでは古いPCも平行して動かしていますが、今月のうちには新しいPCに切り替わるでしょう。でもこの古いやつもまだまだ使えるんだよなあ。OS入れ替えてLinuxの勉強でもしてみましょうか。

Evernoteプレミアムの更新をお得にする

\"Evernoteプレミアムパック3年版\"
Evernoteを2009年の春から使って、その便利さにはまっていつの間にかプレミアム会員になってまる二年。まもなく3度めの更新がやってきます。

今まではプレミアム会員の年会費といいますか年間の料金を、ドル建てで払っていました。円高でそっちのほうがお得だったのです。年会費はドル建てで45米ドル、日本円で4千円に設定されています。最初にプレミアム会員になった2011年の11月は円ドルレートが平均77.5円だったので、ドル建てで支払うと3,500円ちょっとだったんです。去年の更新時もまだ1ドル=80円くらいでしたから、そのままドル建てで支払いました。

さて、今年も更新がまもなく来るなあとよく考えてみたら、今や1ドル=100円の時代。昨今のレートで97円としても、ドル建てで払うと4,300円以上払うことになってしまうじゃないですか。かたや日本円での支払いは4千円なのでこれではもったいない。このまま放って置くと継続でドル払いをしてしまうので、一度プレミアム会員を退会することにしました。

もっとも、引き続きプレミアム会員にはなるつもりなので、もっとお得な支払い方法がないかと探ってみると、これがあるんです。

みんなのEVERNOTE(エバーノート)|EVERNOTEって何?|ソースネクスト総合サイト

それはソースネクストのEvernoteプレミアムパック3年分を買うというもの。こちら9千円で、プレミアム会員サービスが3年間有効になります。すると一年あたり3千円で、年あたり千円も安くなります。これだけでもお得なのですが、家電量販店の通販サイトで買うと、ソースネクスト本家でオンライン注文するよりもさらにお得になるという、なんだかよくわからない状況になっています。

そこで買っちゃいました。パッケージ版のプレミアムパック3年分。

\"パッケージの中身\"
中身はCD-ROM(Evernoteハンドブックが入っているらしい、みてない…)、ソースネクストの製品登録カード、Evernoteのクーポンコードが印刷されたもの、そしてEvernoteステッカー。大層なパッケージに入っていて、必要なのはクーポンコードの20個の文字列だけなので、なんとももったいない気もしますが…。

\"WS000130\"
クーポンコードは、専用のサイトを開いて入力し、そのあと自分のアカウントでログインすることで紐付けられます。プレミアムの期間が即座に3年間延長されると思っていたのですが、そういうわけじゃなくて、このコードによってEvernoteポイントが360ポイント加算されるのだそうです。プレミアム年間パスが120ポイントなので、360ポイントで3年分ということになるのでしょう。ポイントに期限もなさそうなので、とりあえず1年分ほどの120ポイントだけ使って、しばらくためておくことにしました。

Webサービスというのは流動的で、3年後はどうなっているかなかなかわからないのですが、Evernoteは百年企業を目指すそうですし、もうしばらくこの便利なサービスのお世話になろうと思っています。

興味を持たれた方で、まだEvernoteを使ってない方はこちらから登録していただくと、1ヶ月のプレミアムアカウントがもらえるようです。

ちなみにもったいなプレミアムパックのパッケージ版はこちらで購入しました。

レターペン・ココイロで書くと腕が痛くならなくてよかった

\"レターペン・ココイロ\"
入院中に手紙を書いたのですが、普段ペンなど持つ習慣がなくなってしまった身には、これがなかなか辛かったです。何が辛いかというと字を書いているうちに、腕が痛くなるんです。手首から肘にかけての手の甲側の筋肉、浅指屈筋というそうですが、そこが痛くてたまらない。筆記具の握りが強いのか、持ち方が悪いのか、ペンを握ることも辛くなるので、休み休み書きました。

きっと筆記具をとって手紙とか書かなくなったせいだと思うんですよ。いつもキーボード打ってるんじゃなくて、腕を鍛えるために、たまにはアナログな文章を書くのもいいかもしれんと思いました。万年筆とかまた使いたいです。そういや名前彫ってもらった万年筆、あれどこいっちゃったんだろう。

退院してから、文房具屋さんに行ったんです。万年筆とか高いのは買えないけど、ふと手にとったZIG Letterpen COCOIROに惹かれました。筆ペンコーナーにあったので、小文字用の筆ペンかと思ったのですが、どうも違っていて、サインペンのようなペン先をしながら、適度にそれがしなるので、強弱がつけやすいようです。

メーカーサイトには

新感覚のペンです。筆ペンのように、しっかりと「とめ・はね・はらい」が書け、サインペンのように細い文字も書くことができます。

とあります。

お店にはなんかカラフルな柄しかなくて、おっさんが手にするのはどうかとも思いましたが、キャップが黒なのがせめてもの大人の雰囲気、と思って和柄のものを一本買ってみました。いろんな色の軸があることは、あとから公式サイトで知りました。

さて早速に手紙を書く機会がやってきまして(それは長男のトラブルについての小学校への詫び状だったんですけど)、ココイロを使って書いたところが、不思議と腕が痛くならんのを発見し(手紙の内容はともかく)、たいへんうれしくなりました。このペンは筆圧をかけて書くようなペンではないので、力がはいりすぎないのがいいのかもしれません。しなやかなペン先がショックを吸収してくれるのもあるのでしょう。

それ以来、気に入って使っています。ただ、書き味はいいのですが、しばらく書かないでいるとペン先が乾いて、書き出しがかすれてしまうので、書かない時はキャップを忘れないようにしないといけません。それとこの派手な本体の模様は、やっぱり少し恥ずかしいかな…。

ココイロは本体とリフィルとを自由に組み合わられるよう、いろいろな種類があり、本体だけ、リフィルだけという売り方もしてるようなので、もっと落ち着いた色の本体をいずれ買ってみたいと思います。もっとも、この本体とリフィルとを豊富に品揃えしているお店がこちらでは見かけないんですが…。

BluetoothキーボードTK-FBP052を買う

TK-FBP052とiPad
前回書いたように今までiPhoneで使っていたBluetoothキーボードのキーアサインが変わってしまい長文入力がやりにくくなったので、とりあえず新しいBluetoothキーボードを買いました。

同じエレコムというのは癪ですが、安さにつられて買ったのが、TK-FBP052というコンパクトキーボードです。ぼくがこの手のキーボードに求めるのは、そこそこコンパクトでありながら、しっかりブラインドタッチができることです。そのためには、あんまり変態なキー配列は嫌ですし、ある程度はキーッピッチが欲しいものです。折りたたみは値が張るので除外し、できるだけ幅がせまいけれども打ちやすそう…ということで選びました。

TK-FBP052のキー配列
カタログで見る限りにはアイソレーションタイプであんまり変なキー配列もなさそうです。唯一気になるのが、日本語キーボードの配列になっていることですが、説明によるとiOSモードとWinモードと切り替えることができ、刻印通りのタイプができるとあります。

重さ194g(電池込み)
箱を開けて触って見ての第一印象は「ちゃちい」でした。電池込みでも200gありません。非常に軽いです。この軽さゆえに安っぽい感じがするのかもしれません。キーボードをタイプすると聞こえるカシャカシャというタイプ音が安っぽさに拍車をかけています。

けれども、裏面に5つのゴム足がついていてキーボードがガタつくこともなく、打ちやすいことは打ちやすい。横幅がiPadとほぼ同じで、縦は2/3くらい。キーピッチは17mmあり、ブラインドタッチも楽にいけます。普段使っているセカンドバッグにもなんとか入りました。

iOSでは日本語配列のキーボードでも英語配列になってしまって、キーの刻印と文字があわないことがあるのですが、このキーボードではFnキーを押しながらTabキーを押すことで、PC用とiOS用と動作モードが切り替えられます。これによってiOSでも刻印通りに打てるのは確かにいいです。日本語キーボードを使ってよく問題になる「@」が右上にありますが、キーを押すとしっかり画面上にも@が表示されます。

ただし、現在どのモードで入力しているかぱっと見ではわかりません。ローマ字で入力している限りはあんまりわかりませんが、記号などを入力するときに「あれ?」ということはあります。また、電源を入れると必ずPCモードになっているので、iOSで使う時は最初にモードを切り替える必要があります。モード選択がハードウエアのスイッチだったらよかったのにと思います。

キーの数が少ないゆえのしわ寄せはかぎかっこなどにきていて、タイプするのにFnキーと組み合わせなければならなくなっていることを、使ってみてはじめて気づきました。日本語のかぎかっこはともかく「{」、「:」や「;」もFnキーとの組み合わせになるので、プログラムのソースを書く人などには使いにくいだろうと思います。またEnterキーが大きいのはいいのですが、その影響か矢印キーの配置が横一列になっていて使いにくく、デスクトップと兼用するのは辛いかなと思いました。

とはいえ、ここまでTK-FBP052で打ちましたが、ストレスを感じることは少なかったです。軽いこともあって、持ち歩いて外出先でも使いたいですね。電源が単三電池一本というのも気に入りました。ただ、折りたたみタイプではないので、裸で持ち歩くとキーがぽろっと取れてしまわないか心配になります。なにか適当な収納袋を探した方がいいかもしれません。

子供のプレゼントに単眼鏡 MIZAR MD-718 を買ったので子供がいない間にこそっと借りてレビュー

ミザールMD-718
今日は長男の9歳の誕生日。プレゼントをくれくれと随分前からいわれていて、本人はラジコンやゲーム機を所望していたようですが、あんまりおもちゃを与えたくないし、それでもがっかりさせたくもないものです。迷った末に、単眼鏡を贈ることにしました。

子供たちはフィールドで遊ぶことも大好きで、先日もサヒメルなどへ行くと熱心に双眼鏡などを覗いていたものです。双眼鏡も考えましたが、大げさになるし、長男は斜視があって双眼鏡でものを見ることが苦手のようです。単眼鏡ならば、片目で覗けてコンパクトに収まるのでちょうどいいかなと思いました。

もっとも、子供の使うものですから、あんまり高価なものをあげても仕方ないので、安くてそこそこ性能がよさそうなものということで、ミザールのMD-718というのを買いました。子供の頃、宇宙大好きだったぼくが、なんとか買ってもらえそうな望遠鏡といえば、ミザールかヴィクセンのものであったと思い出します。

価格が安かったので、おもちゃのようなものかと思っていましたが、まずまず良く見えました。7倍くらいの倍率は手ブレの影響は少ないけれども、望遠の効果もしっかり感じられてちょうどいい倍率だと思います。意外と短距離もいけて、1m切ってもピントをあわせることができました。

じっくり景色を眺めていると、やっぱり諸収差がまとめきれていないので、遠くの細かいものをみたときは色が滲んでいるように見えることもありますし、中心部はしっかりとピントが合いますが周辺は画像が流れてしまいます。が、価格が価格ですから文句を言うのも野暮というものでしょう。

ある程度重量感もあって、携帯ポーチとストラップにレンズを拭くクロスもついていて、たぶん子供には安っぽく見えなかったと思います。朝渡したら、長男はさっそく首にかけてずっと持ち歩いていたので、喜んでいたようです。

「感謝の言葉がないなあ」
とぼやくと、なんと帰ってきた言葉が、
「誕生日にプレゼントをくれるのは当たり前でしょう」
ときたものです…。
「そんなだからお前は、学校で問題児になるんだ。こういう時は感謝するものなの」
と言ってようやく
「ありがとう」
の言葉がでました。まあ長男にはいろいろ泣かされますが、これからはあんまりかっかしないようにしたいものです。

ところでこういう時は、弟にもおんなじものを与えなければ何かとトラブルになるので、今回単眼鏡は二個買っています。誕生日プレゼントを用意するのもなかなか大変なのです…。

遠近両用メガネデビュー

\"新調した遠近両用メガネ\"
これも年をとったということでしょう。人生初の遠近両用メガネデビューを果たしました。

昨年辺りから、近くのものを見るときに焦点が合わなくなり、メガネを外さなければならなくなりました。それでいて遠くのものを見るときは、やっぱりメガネをかけなければなりません。近視で老眼が入るとなかなか不便なものです。

入院していたときは、見るものが限られていたせいであまり気が付かなかったのですが、退院してデスクワークなどをすると一層の視力の衰えを感じ、不便でしかたがないので、ついに遠近両用メガネを作ることを決意しました。以前にも一度作ってもらおうとして、視力測定もしてもらったことがあるのですが、遠近両用のレンズだけで3万円とか4万円とか言われて、ためらってしまったんですよね。

今回のメガネは眼鏡市場で買いました。眼鏡市場では、どんなに薄いレンズにしようが、遠近両用になろうが、フレームとのセット価格が15,750円、18,900円、25,200円の3種類なので、ぼくのような貧乏人の懐具合にやさしかったです。店員さんも優しかったです。

均一価格で安く上がるので、フレームを前々からかけたかった、思い切りクラシックなメタルフレームのいわゆる丸メガネにしました(これ)。丸メガネのフレームは流行らないのか、あんまり種類は選べません。横長のレンズの方が顔がすっきり見えるからというのもあるでしょう。けれども、ぼくは顔がベース型で広く、歳もとっておでこが広くなって、まあいわばジャン・レノとかスティーブ・ジョブズとかをイメージしてですね、あんなおっさんになりたいな、と…(大汗)。

さて、はじめての遠近両用なので、今までと少し勝手が違うのに戸惑いはありました。今までは何を見るにも顔を正面に向けて見ていたわけですが、遠近両用は遠くを見るときは顎を引き気味にするとよく見えるし、近くのものを見るときは顎を上げ気味にして、下に見るようにしなければなりません。またレンズの周辺部はそれなりにボケて見えます。よりはっきり見るためには、対象物と正対する必要があるようです。

それでも昨日、仕事の会議がありまして久しぶりにその手の会議に出させてもらったのですが、メガネをかけたまま手元が見えるので、資料を読んだり、字を書いたりするのに、たいへん助かりました。いまどきはメガネも安くなったので、メガネはこれ一本だけという時代でなくて、用途に合わせて作ることも必要なのかなと思いますが、当分はこれでストレスなく過ごすことができそうです。

第2クール第14日 この入院中に読んだ本

病院で何をすることもないときは、ひたすら読書するに限ります。ここまで長く入院することになるとは思いませんでしたが、2月の入院前にKindle Paperwhite
を買い、大いに活用できているのは、ぼくにしては珍しく良い買い物をしたように思います。ぼくのKindleには、今50冊くらいの本が入っていて、つまり入院してから50冊くらい読んできたことになります。近年は書店に行っても、なかなか紙の本を買うことも少なかったのですが、Amazonでは結構本を買ってしまっていて自分でも少々驚いています。

入院中でもインターネットに繋いだ時にはAmazonに立ち寄ってはKindle本のコーナーを見ています。品揃えはまだまだ感がありますが、まだ読んでいない有名所が電子書籍になっていたりすると、値段も割安だったりしてついついポチってしまうんですよね。そうすると、あっという間に手元のKndleに本が転送されて読めるようになっているのです。

この入院ではぜひとも読みたいと思って吉川英治三国志を買いました。ぼくが買ったのはお馴染みの講談社版で、文庫本にして8冊分が合本になって950円。安いこともあるし、それだけの本があっさりKindleの中に入って読めるのです。今回入院してから読み始めましたが、あっという間に読み終えました。吉川英治はちょうど著作権が切れたので、今後続々と青空文庫などにも収録されていくでしょう。長編も多いので楽しみでもあります。

あとは近藤史恵サクリファイスも前々から読みたいと思っていたのをセールで買ったのですが、面白かった。自転車ロードレースのあの独特の駆け引き、エースとアシストの役割分担など素人目にはなかなかわかりにくいものですが、そこらへんは丁寧に書いてあって、わかりやすいです。エースである石尾のあまりのストイックさに、そんなことあるわけないだろうと思いつつも、読後は爽やかなものが残りました。

クリストファー・マクドゥーガルBORN TO RUNも紙の本に比べると圧倒的に安いので買っちゃいました。著者がランニングをするとなぜ故障するのかということを出発点として、伝説の走る民族タラウマラ族にたどり着き、彼らと著者をつなぐ「白馬」と呼ばれる男との出会いや彼らとの感動的なレースを書いたものですが、途中で人間は走るために進化してきたことや、最高のランニングシューズが故障を引き起こす最大の原因であることなどを解き明かしていきます。ぼくが今こういう状態だからか、文中のとある博士の弁が印象に残りました。

西洋における主な死因−−心臓病、脳卒中、糖尿病、鬱病、高血圧症、十数種類の癌−−のほとんどを、われわれの祖先は知らなかった。医学もなかったが、ひとつ特効薬があった−−(略)「ごく単純なことです」と博士は言った。「脚を動かせばいい。走るために生まれたと思わないとしたら、あなたは歴史を否定しているだけではすまない。あなたという人間を否定しているのです」

とてもウルトラマラソンには挑戦できないけれども、退院したらまた身体を動かすことをはじめたいと思いました。