カテゴリー別アーカイブ: 旅や行楽のお話し

G-MADRASのカレー

G-MADRASのカレー

ライトハウスライブラリーの講習会のあとに、昼食をとろうと思って松江市上乃木のG-MADRASというカレー屋さんにやってきました(Googleマップ)。

若い頃、外回りをよくしていて、昼ご飯といえばここのカレー食べてました。さらさらのカレースープにトッピングでいろいろなものを乗せられるという何の変哲もないカレーなんですが、妙に好きで、いつも頼むのが唐揚げカレー辛さ10倍。そのうち何も言わないでも、唐揚げカレー辛さ10倍が出てくるほど通ってました。

しかし、結婚して外食の機会も減り、期間があくとなじみだった店ほど行きにくくなるもの。いつしか足が遠のき、気になりつつも素通りしてばかり。結婚してから来た記憶がないので、少なくとも十数年ぶりの訪店です。

薄暗い店内にはマンガがいっぱいあって、当時とほとんどかわらない雰囲気。若いバイトのお姉さんがもってきてくれたメニューを開いて、迷わず唐揚げカレーを頼みました。

まずはなかなかのボリュームのサラダがやってきて、しばらくあとにカレーがやってきました。

これこれ。浅い皿の右側にさらさらのスープのようなカレー。左側にはご飯、その上に赤ちゃんの拳くらいある熱々の大きな唐揚げがどーんと5つ。ご飯をカレーに浸し、あるいは唐揚げをスプーンで割ってカレーに浸して食べる。全然かわってないそのスタイルがなつかしい。

唯一かわったのは自分。最初は、あれ、こんな小さな皿だったっけと思いましたが、思えば当時は大盛り食べてましたものね。今回は普通盛りでしたが、十分なボリュームでした。これで650円なら、CoCo壱行って食べるより断然お得な感じです。

ごちそうさま、と会計をしたときに、昔はカレーを持ってきてくれたおばちゃんが、厨房に入っていて「あら、久しぶり」と声をかけてくれました。そのおばちゃんは時々うちのお店にきてくれていたので、十何年ぶりではないのですが、それでもちょっと照れくさいものです。

もっと前から来ていればよかった。ちょっと幸せな気分でお店をあとにしたのでした。

そしてその夜、わが家の夕食はカレーだったんですけどね…。

ひかわ美人の湯に行ってきました

美人の湯

土曜日曜はたいてい子どもたちがいて、どっかへ行きたくてうずうずしているのです。親の方は仕事中で土日は人も足りないので、なかなか刷りあわずどっちもフラストレーションが溜まるんですね。で、仕方がないので近場で楽しめるところへ連れていくことが多いです。

ということで土曜日に子連れで温泉に行ってきました。最初は近場の熊野温泉のタダ券があるのでそこに行こうと思いましたが、どうせだったら行ったことのないところへ行こうと湯の川温泉のひかわ美人の湯へ行ってみました。国道9号線の道の駅湯の川から山側に車を5分ほど走らせると到着します。ここは出雲いりすの丘という牧場併設の公園の中にありますが、いりすの丘は経営不振で閉園となり今は温泉施設だけが営業しています。

入浴料は大人500円と公共的な温泉にしてはちと高いわけですが、施設はそれなりに立派なのでまあいいかな。スタンプカードも作ってくれて、のべ10回行くと入浴が1回無料になるそうです。今回子ども二人と行ったので三つスタンプを押してもらいました。

湯温はそれなりに高め。ナトリウム・カルシウム – 硫酸塩・塩化物泉ということで飲用はできませんが美肌とかに効果があるそう。内湯よりも露天風呂の方が広く、大きな池のような浴場には打たせ湯もあり、それとは別に源泉掛け流しのお風呂もあります。お湯の出口にはカルシウムの塊のようなのもついていました。脱衣場から写真をとりましたが、だれも入ってないからいいよね。

美人の湯

土曜日の午後でしたが、雨も降っているせいか人も少なめ。特に露天風呂は独占できました。子どもたちは池のようなお風呂に大喜び。まるでプールのように遊んでいました。そのたびにしかるのですが、もう少しマナーをまもらせるようにしなくちゃいけませんね。かれこれ30分以上も入浴していたでしょうか。出る頃にはすっかりのぼせてしまいました。

二階には結構広い休憩所があって、マッサージチェアとかあります。寝てる人がたくさんいました。食堂もあって、価格も抑えめなので家族で行くにはいいのではないかと思いました。

岡山でえびめしとパフェを食べる

金曜日から土曜日にかけて仕事で岡山に行ってきました。とある業界の委員になっていて、その委員でいる限りは、だいたい半年に一回程度中国地区合同委員会ということで岡山に行くことになるのです。本当は、先月をもって退任できるはずだったのですが、願いかなえられず今月岡山に行くことになりました。

で、いつも漫然と会議をして懇親会をして翌朝松江に帰るというのもどうかと思い、今回はえびめしとパフェを食べて帰ろうという目標をたてました。

Okayama

きけば岡山のB級グルメは蒜山やきそばとかホルモンうどんとかのほかにも、えびめしなるものがあるとか。もともとは東京のレストランが出していたそうですが、なぜか岡山で人気だそうです。まあ、本家本流を探るような旅でもなく、所詮は市内をうろうろするだけですので、到着した当日に岡山駅ビルの1階にあるlunch&beer SUNというお店にえびめしなるメニューがあったので、食べてみました。

まあ写真で見ればイカスミででも炒めたようなエビチャーハンなのですが、味はデミグラスソースベースで、ほかにほんのり甘い感じ。もうちょっとスパイシーなものかと思いました。それなりにおいしくいただきましたが、ま、話の種に食べてみるくらいな感じでしょうか。

一方岡山は桃やぶどうなどのフルーツが有名と言うことからフルーツパフェの街とかいう展開をしているそうなので、翌日せっかくだからとパフェも食べることにしました。

岡山珈琲館 駅前店

行ったのは泊まったホテルに近い岡山珈琲館駅前店。ここでフルーツ&杏仁豆腐のパフェとエスプレッソを注文。こちらはなかなかよかったです。最上層にピオーネとメロンとオレンジが乗ってるソフトアイス。その下にブドウゼリー、杏仁豆腐、一番下にミックスベリーを凍らせたものと言う具合で食べ応えもあり。特に一番底のミックスベリーが甘ったるくなった口の中をしゃっきり締めてくれました。

さらによかったのはエスプレッソで、とてもパンチが効いているにもかかわらずしっかりコーヒーになっていて、久々においしいエスプレッソでした。

朝早くで、次々とお客さんがこられていたのですが、店員さんは二人だけ。ところが、仕事もてきぱきとこなされ接客態度もよく、いきとどいたお店という感じがしました。朝のモーニングが主力の時間帯にパフェを食うという邪道な客にも快く接してもらいとても好印象でした。

ということで今回の目的も果たして無事に松江に帰りました。

会議…そう会議もありましたねw

出雲空港にて

忙しさにかまけてなんにも書いていなかったのですが、まあそれなりにいろいろあったわけで、もう少し肩肘張らず書けばよかったのにと思います。

昨日は大田の彼岸市へイベントの手伝いで行ってきました。かなりの人だかりで屋台が何百メートルも続いているのはなかなか壮観だったのですが、PCの前にずっと張り付いていて終わった頃にはどっと疲れて、ぶらぶら歩くこともできずそのまま帰途につきました。

夕方に出雲市に帰ってきて、ちょっと思い立って出雲空港に寄ってみました。今しもA300が滑走路に出て行こうとしています。ちょうど東京行き1668便が出発するところで、いつになく路肩には車がとまってたくさんの人が飛行機を見ていました。

写真を撮っているときはわかりませんでしたが、パイロットの方が手を振っていました。右側ですから副操縦士さんでしょうか。飛行場内ではなく、沿道の人に向かっても手を振ってくれているんですね。

飛行機の写真を撮っていると、時々こうして手を振ってくれるパイロットがいらっしゃるのに気づきます。そのときにはなかなか気づかないんだけど。出発前にいろいろと大変な手続きをしている最中だと思うのですが、ちょっとうれしいですね。

小アジ大漁

24日は土曜日で普段なら幼稚園が預かってくれるんですが、なんか行事のために預かり保育なし。ということで、朝から子どもたちがどっかいこうの大合唱。前々から釣りに行きたいといっていたので、魚釣りをすることにし、会社のことは頼んで出かけました。

小さい子どもたちですので、釣りをするときはいつも岸壁からサビキです。最初、加賀港に行ったのですが、これが全然ダメ。小さな魚はいっぱいいるのですが、かなりすれているのか針に食いつきません。風も正面から吹いてくるので、ちょっと竿を出しにくい。ここでは、小アジを5匹ばかりと、小型のクロを一匹釣り上げたばかり。場所を変えて投げ釣りでもしようかということになり、美保関方面へ移動しました。

釣具屋さんがなかなか見つからない中、森山岸壁にやってきたので、ちょっと覗いてみると釣り人は少なめ。みなさん、ヘチ釣りでもしてるのかサビキで釣っている人は見かけません。まあ青虫はあきらめて、使いかけでもってきたアミエビもあるので大きな台船のそばで一応やってみるかとサビキ釣りをはじめました。

森山岸壁で魚釣りほとんど期待していなかったのですが、竿を入れたそばから小アジがかかってきます。みな10㎝以下の小さいやつですが、それこそ入れれば入れるだけ釣れ上がる完全な入れ食い。お昼頃からはじめたのですが、一向に引けることがありません。そのうち子どもはエサなしで釣るとかいってただ竿を入れてましたが、それでもかかってくる。さすがに2時半頃になると子どもも飽きてきたのか、おやつを食べたりそこら辺で遊んだりしだしたので、帰ることにしました。

あとで数えると前部で258匹も釣り上げてました。嫁さんは帰ってからしばらく魚の処理と唐揚げ作りにいそしんでいました。しかしこれだけの小アジを唐揚げで食べるのも大変です。当分わが家の食卓には小アジの唐揚げや、南蛮漬けがならぶことでしょう。あとからミンチにすればよかったと思いました。

休日

ここのところ連日いい天気が続いているのですが、そろそろ雨雲もやってきそう。ということで、昨日は子どもを連れて出かけることにしました。

午前中は米子の医大付属病院へ行って、義父のお見舞い。咽頭がんで5月末に手術を受け、ようやく一般病棟に入り症状も落ち着いたとのこと。場所が場所だけに最初は栄養もチューブでとっていたし、言葉もしゃべられなかったのですが、今日来てみたらだいぶしっかりしてきました。6月いっぱいは入院が必要かもしれませんが、経過が順調なら夏には帰ってこれるでしょう。

photo

それから弓ヶ浜を北上し、橋を渡って、七類まで行きました。フェリー乗り場の対岸をずっと奥まで行った猿渡というところは岩場でありながら水深が浅く、子どもをつれて行くにはいいところです。泳ぐと言うよりは、水遊びができる感じ。ウミウシをみつけたり、貝やヤドカリをとったり、それをエサにカニ釣りをしたり。子どもたちは水着になって遊んでいましたが、やっぱり海はプールと違ってちょっと怖いみたい。
iPhoneしかなかったので写真は少なめ。いつもあとから防水カメラをもってくればよかったと反省します。

そのあと加賀に行って、今年初めて魚釣りをしました。まだ小魚がそれほど多くなく、小アジが少々とアイナメの小さいのを釣り上げただけ。初日と言うこともあって、装備も忘れ物が多く、なかなか思うように釣れませんでした。

まあ子どもたちはそれなりに楽しめたみたい。親の方は久々に外に出て太陽を浴びたので、日焼けもしたし、だいぶ疲れ果てました。でも、こうしていっぱい自然はあるのですから、自然の中で遊ぶことを大事にしたいです。

BATADEN~一畑電車百年ものがたり~を見に行く

商売をやっているので、ゴールデンウィークでも休みなし。しかし、子どもたちはおやすみモード。どこか連れていけとうるさいことこの上ありません。ということで仕事を預けて、古代出雲歴史博物館に行ってきました。子どもたちにはいつも近場で申し訳ないのですが。

IMG_0233

今、こちらでは「BATADEN~一畑電車百年ものがたり~」と題した企画展が開かれています。一畑電車の歴史がわかるということで、鉄道ファンには興味ある企画。ゴールデンウィークということもあって、駐車場も満杯。たくさんの家族連れや鉄道ファンが訪れていました。
企画展では、かつて走っていた広瀬線や立久恵線の資料や写真、一畑パークとからめて昭和の香りのする展示物などもあり、大人にはとても楽しかったのですが、まだ小さい子どもたちにはなかなかその魅力がわからなかったようです。さわっちゃいけない展示物にすぐ触れようとするし、すぐに飽きて外に出たいの大合唱でした。
ちなみに企画展ではなんと写真撮影OK。フラッシュは使えないのですが、最近のデジカメは増感しても、手ぶれ補正もありますし、きれいに撮れます。

またクイズラリーもあって、正解を○×で記入。全問正解で、グッズが貰えます。またグッズが貰える場所で、一畑電車の型紙があって、それに自由に色を塗った。オリジナル缶バッチを作ってくれます。親子連れでも楽しめる企画でした。

その後出雲大社前駅に移動して、展示中のデハニ52を見ました。外からはなんども見たことがあったのですが、中に入ったのは初めてです。さすがに最古級の電車ということもあり、車内は時代を感じさせます。木製車両独特の木とニスの混じった匂いが懐かしい。ぜひ長く保存してもらいたいなあと思いました。

歩いて歩いて5キロくらい歩いたでしょうか。フラフラにして子どもを寝かせる作戦でしたが、お父さんのほうがバテバテでした。

IMG_0222IMG_0225IMG_0229IMG_0235IMG_0236IMG_0238IMG_0240IMG_0259