カテゴリー別アーカイブ: 趣味もろもろのお話し

山陰フィルジュニアオーケストラ演奏会

プラバホール
昨日、プラバホールで行われた山陰フィルジュニアオーケストラのコンサートに行ってきました。まだ体調も万全ではないですが、Twitterの友達が出演すると前から聞いていたし、昨年は行けなかったので、今年はぜひ行ってみたかったのです。

もっとも友達の演奏するところを見てみようというだけのことで、音楽をぜひ聴こうという気持ちではありませんでした。なんといっても山陰フィルジュニアオーケストラは小学生からメンバーになるようなアマチュア楽団だし、ピアノの発表会程度だろうと思っていました。観客も子どもたちや家族連れが多く、おおかた友達やわが子の演奏を見に来た方々に違いありません。

ところが最初の音が響き渡るやぼくは背筋を伸ばしました。出だしの弦楽器の響きが予想以上に豊かでびっくりしたのです。それは何年かぶりに生のオーケストラコンサートに触れたせいかもしれません。今やCDすらほとんど聴くこともなくなり、PCに入った圧縮された音に慣れきっていた耳には、立派なホールで本物の楽器が重なりあって奏でる音の響きが、とても重厚で新鮮なものに感じられたのです。

もちろん、メンバーの皆さんの努力もあったからこそ、この響きが出てきたのだと思います。オーケストラ全体としては、演奏に余裕がないところがあったり、ちょっと管楽器が自己主張しすぎなところがあったりして、バランスが崩れるところもあったけれど、そんなことは本当に細かいことです。子どもから大人まで、演奏者の皆さんの顔が輝いていたのが印象的でした。これまでの練習の成果がこんな音になって出てくるのだったら、どんなに演奏して気持ちいいだろうと思いました。

いったいにぼくは感激屋なのですが、このコンサートでは久しぶりの生の音楽の響きに本当に感激しました。演奏を聴きにきて素直に良かったと思ったし、大げさではなく生きてて良かったなあと思いました。退院してからこの方、思うように身体も動かず仕事も家事もままならず、憂鬱な日を過ごしていたけれど、元気になればまたこうした感動にも出会えるのだから、くさらず元気になろうと思い直しました。そうしてまたこうした生の音を聴きに来ようと思いました。

車を遠くに止めたので、歩いての帰り道はとても大変で足が棒のようになりましたが、いままでのように息切れをすることがだいぶ少なくなったように思います。アマチュア楽団の演奏とたかをくくっていて申し訳ない、元気をいただいたことを感謝したいです。

これでどこでも泳ぎに行く。水泳道具6点セット。


毎週金曜日は子どもをスイミングスクールに通わせていて、ぼくもジムで泳いでいます。昨日も泳いできました。体を動かすのはいいですよね。

はじめは25m泳ぐのが精一杯だったけれども、ようやっと最近は200m泳ぐことができるようになりました。一時期幽霊会員になりかけた時もあったけど、やっぱり続けるのは大事かなと思います。もうちょっと長距離泳げるようになりたいです。

ジムには筋トレマシンもありますが、水泳の方が荷物が少なくて済みます。今日はぼくがジムに行くときの水泳セットを紹介します。これだけあれば、ジムでも公営プールでも大丈夫。

1.水着

ももまで隠れるスパッツタイプがいいです。さすがにブリーフは恥ずかしいし、サーフパンツみたいなだぼだぼな水着をはいている人はいません。水着もなかなか高いですが、ぼくはバーゲン品を狙って買い換えました。ネットなら2千円くらいで良さ気な奴がありますね。インナーを別に買う人もいますが、別になくてもいいんじゃなかな。

2.スイムキャップ

スイムキャップをしないとジムでは泳がせてくれません。シリコンだと髪が痛まないとかいうけれど、なんだか蒸れそうだし、ぼくはごくオーソドックスなキャップをしています。

3.ゴーグル

水中ウオーキングだけなら必要ないけれど、泳ぐならやっぱりゴーグルが必要です。ぼくは目が悪いので、SWANSの度付きゴーグルをかけています。レンズ部分とパーツ部分が別売りになって、普通のゴーグルよりもちょっと高くなりますがぼくには必須。

4.曇り止め

曇り止めを使うとゴーグルが曇ってくることがないので、快適に泳げます。結構高く感じるのですが、一滴たらしてそれをのばせばしばらく効果を発揮するので、長持ちします。

5.耳栓

最近は面倒くさくなってしてませんが、耳に水が入って不快なときは装着するといいかもしれません。スポンジタイプの耳栓だと水が染みてきてしまうし、ほったらかしておくとカビがついて汚れるので、シリコン製の方がいいように思います。

6.スイムタオル

あったら便利なのがスイムタオル。普通のタオルだと濡れてしまうとなかなか吸水してくれなくなってしまいますし、バスタオルは結構かさばります。これは濡れてもまた絞って使えば吸水力抜群、というかこのタオルは濡らして使うものです。乾くとバリバリになってしまって全然水を吸ってくれません。プールにはこれをもっていけば、小サイズでもあらかた体の濡れをぬぐうことができます。あとはロッカールームで乾いたタオルで拭けば完璧です。バスタオルはいらなくなりますよ。

インドカレーっぽいチキンカレー


ストレスがたまると料理をしたくなるのです。いやなに、そんなに難しい物じゃなくていいんです。とにかく作って、家族に食べてもらって、美味いといってくれたら、それだけで嫌な気分も晴れるというものです。

というわけで月末年度末のドタバタもあり、フラストレーションもたまっていたので、昨日はカレーを作ることにしました。カレー好きなんです。前にタイカレーっぽいのを作ったことを書きましたが、今回はインドカレーっぽいチキンカレーを作ることにしました。もっとも子どもが食べるので、あんまり辛くできないのが残念ですが。

材料

* 玉ねぎ
* にんにく
* しょうが
* 鶏肉 
* トマト缶
* ヨーグルト
* スパイス(ターメリック、パプリカ、カレー粉、ガラムマサラ、クミンなど)

まず玉ねぎ3個とにんにく2片、しょうが2センチ角くらいを全部フードプロセッサに入れて細かくします。みじん切りからすりおろしに近いくらい。

鍋に油を結構たくさん100ccくらい入れ、クミンシードを適当に入れて、香りつけしたら玉ねぎやらにんにくやらが細かくなったものを入れて、とにかく弱火でじっくり炒めます。

一時間くらい炒めると玉ねぎの色がだいぶかわって、吸収された油が浮き出てくるようになります。そこで、カレー粉を適当に投入。今回は甘めなので、あまり入れませんでした。辛いのにするのならここで粉唐辛子とか入れたいところ、ぐっと我慢です。

香りが出たら鶏肉とトマト缶、ヨーグルトをカレースプーンに山盛り3杯くらい入れて煮込みます。スパイスがなんともものたりないので、ターメリックとパプリカを色付けに入れました。あとトマト缶だけだと酸っぱいのが前面に出てくるのでお砂糖を少しいれます。

しばらく煮こむとカレーっぽい色になってきます、ここで子どもを呼んで、少しずつガラムマサラを入れながら味見をさせて辛さを調節しました。

最初に玉ねぎをとにかく炒めまくるのが面倒なくらいで、あとはそんなに難しいことはありません。

お陰様で普段はカレーが苦手な子どもたちも「おいしいおいしい」といってたくさん食べてくれました。もっとも、辛さが足らなくてどっちかというとカレーと言うよりも鶏肉のトマト煮込みのようでしたけどね…。

ライトハウスライブラリーでFacebook講習会

27日はライトハウスライブラリーでFacebook講習会が行われたのでサポートスタッフとして行ってきました。

視覚障害のある方にパソコンをもっと使っていただこうという講習会で定期的に開催されているものです。これまでにもパソコン講習に何回かお手伝いに行ったのですが、今回は受講者の方もサポートスタッフもこれまでにない規模で二十数名の方が参加されました。サポートメンバーもTwitterやFacebookでお付き合いしていただいている方も多く、ぼくも最近はオフ会に出られてないので、久々に旧知の皆さんとお会いすることができました。

講師はやはり視覚障害者の尾島さんで、なかなか充実したテキストも用意されてました。受講生の方は普段からパソコンをバリバリ使いこなしていらっしゃる方ばかりで、よほどぼくなんかよりもオペレーションがうまいわけです。しかしFacebookというのはやっぱり操作に癖があるので、かなり時間がかかってしまいました。

今回はPCサイトではなく、携帯用のFacebookサイト(m.facebook.com)にアクセスをしました。携帯用サイトはシンプルな構成なので目的の場所に早く達することができるわけです。とはいえ、Facebookのサイトのアクセシビリティは難があるものでした。登録のハードルは高いし、画面がブラウザによっても、またFacebookの使いこなし度に応じても変わってしまいます。多くの方が使っているInternetExplorerでの使い勝手はとてもいいとは思えません。

例えば登録したての時は、Facebookがやたらと友達を探す機能をプッシュしてくることを知りました。おすすめの友達やらを冒頭でこれでもかと薦めてくるので、ニュースフィードまでなかなかたどり着けません。

視覚障害者がある方が頼りにするキーボードショートカットもうまく働きません。事前にキーボードショートカットも調べていたのですが、どうもうまくいかないのです。一発で近況を入力したりできるといいのですが…。もう少しアクセシビリティへの配慮が欲しいですね。

以前やったTwitter講習会ではモバツイという携帯用のサービスを使って、キーボードショートカットでいろいろな機能に一発でアクセスできたわけで、そういう点でもFacebookは使いにくいなあと感じられた方も多かったかもしれませんね。

そういう困難がありながらも短い時間で、コメントまで入力までたどり着いたので、講師の尾島さんもよく頑張られたと思います。

ぼくがサポートについた佐藤さんは、飲み込みも早く、概念的なことをお話しするとすぐに理解していただけたので、サポートといってもそれほどお手伝いすることもなく使いこなしておられました。

毎回講習会ではサポートといいながらこちらが勉強することが多いのです。インターネットサイトひとつとっても、アクセスしやすいとはどういうことなのかはっとさせられます。ひいては、例えば道を歩いていも、この導線はどうなのかとか、このモノの配置はどうなのかということも意識させられるのです。簡単に理解しうるものではありませんが、そういう意識をもって世界をみるとまた違った側面を発見できると思います。また時間があれば、お手伝いにうかがいたいと思っています。

久しぶりにカレーを作った

カレーが大好きなんですが、子どもたちが小さいのでもっぱら甘口の固形ルーを使ったお手軽カレーばかりでした。子どもたち、特に長男がどうも辛いものが苦手で、ちょっとでも香辛料が入っていると「からい、からい」と大騒ぎするのです。しかしここのところ子どもたちは爺婆のところで晩ご飯を食べることも多く、久しぶりに辛いカレーを作ってみることにしました。

作るのは「タイ風カレー」。市販のカレールーは使わず、スパイスをあわせて味をつけます。タイ風カレーとは名付けましたが、たぶんタイカレーとは似ても似つかないかもしれません。ココナッツミルクを入れるのが共通くらいでしょうか。このレシピで作るのは子どもが生まれて以来なのでもう5年ぶりくらい。思い出しながら適当に作りました。

まずベースになるカレーペーストを作ります。タマネギ1個、ニンニク、生姜を1片、フードプロセッサなどですりおろします。

ここにスパイスを入れていきます。今回は、粉唐辛子、パプリカ、ターメリック(ウコン)、チリパウダーを入れました。辛み調整は粉唐辛子とチリパウダーの量で調整します。スパイスの量は適当ですが、だいたいティースプーン山盛り1杯から2杯くらい入れてます。これをよくかき混ぜてカレーペーストの完成です。

フライパンに油をしいて、鶏もも肉を炒めます。焼き目がつきやすいように小麦粉を少しふるってます。

もう一方で、鍋に油をしいて、さきほどのカレーペーストをかき混ぜながら炒めます。香りが立つ程度で大丈夫と思います。ここでナンプラーとか入れると本格的なんですが…。

鍋に炒めた鶏肉と、火が通りにくい根菜類を入れます。今回はにんじんとサツマイモを入れました。甘い野菜がひとつ入るとおいしいので、カボチャとかもおいしいですが、カボチャ最近ちょっと高いんですよね。ざっと混ざったら、水を少し入れて柔らかくなるまで煮込みます。味が心配ならコンソメ一個入れておけばなんとかなります。

煮込むとこんな感じ。この時点で味を見て、辛さが足りないようなら粉唐辛子やチリパウダーを加えます。ここで超辛いくらいがちょうどいいです。

ここでココナッツミルク缶の登場。ほんとはこの半分のサイズの小さい缶でもいいのですが、これしか売ってなかった。全部入れちゃえ。

どばどばっとココナッツミルクを投入。なんだかすさまじい色になりますが、気にせず少し煮込みます。色があんまり白すぎてちょっと嫌だなと感じるならパプリカで色つけしましょう。しばらくして味を見てみると先ほどのめちゃくちゃな辛さが、ココナッツミルクで和らいで味が落ち着いてきます。

その間に、フライパンを使ってナスとピーマンを炒めます。ナスが油を吸うので、油は多め。このカレー油が多いとよりおいしいです。カロリーはあんまり気にしないw

炒めたナスとピーマン、水煮のタケノコを投入します。あとは一煮立ちすれば完成です。鍋があふれそうだ。

これが自家製タイ風カレーの作り方。最初にココナッツミルクの甘い感じがきて、そのあと辛さがじんわりとやってきます。甘い野菜を入れておくと、辛さの中にほっとする感じもするので、カボチャとかはおすすめです。サツマイモははじめて入れましたが、なかなかよかったです。このカレー食べると、市販のルーを入れたカレーは、辛いよりもしょっぱいと感じるんですよね。いや~久しぶりでおいしかった。早く子どもと一緒に食べられるようになるといいなあ。

ハイドロカルチャーを作る

ヘデラのハイドロカルチャー

デスク周りに植物でも置きたいと思いまして、今回はハイドロカルチャーに挑戦してみました。

昔ながらのネズミ色の事務机の上に、ミドルタワーのPCがどんと鎮座するわが作業場。あこがれのペーパーレスオフィスには程遠い書類の山が散らかっています。せめてここに癒しをもたらしたい。

幸いうちの庭にはヘデラが生い茂っています。ヘデラというのはなかなか強い植物で、枝をちょん切って水にさしておけば簡単に根が出てくるので、ハイドロカルチャーにはうってつけの素材です。

うちでは水洗トイレのタンクの上に小鉢を置いて、庭から切ったヘデラをさしています。ちょうどいい具合に根も出てますから、今回はこれを使うことにしました。

他に準備するのは

  • ガラスの容器
  • ハイドロコーン
  • ゼオライト
  • 液体肥料

なんでガラスの容器かといえば、外から水の状態が見えるので管理がしやすいから。ぼくのような初心者にはうってつけです。陶器とかを使うときは水位計というのもあるそうです。今回は何かでもらったインスタントコーヒーの小瓶を使いました。

ハイドロコーンはまあいわゆる鉢植えの土にあたるものです。レンガでできていて、多孔質なので水や空気をよく含んで根腐れしないというわけです。いろんな色のものや炭でできたものなどあるんですねえ。以前買ったのがまだあまってました。

ゼオライトは水を腐りにくくするそうで、熱帯魚の水槽なんかにも使いますね。今回は島根県産天然ゼオライトPureLiteというのを買ってみました。よくわからんけど。

あとは液肥ですね。よくあるハイポネックスとか花工場とか。容器が小さいので一回に使う量って数滴だったりします。ほかに鉢植えとかあっても、一本あるとけっこう使えます。

ゼオライトやハイドロコーンはあらかじめ洗っておくと細かい粉が取れて容器がよごれません。

容器の底にゼオライトを薄く敷いて、その上にハイドロコーンを盛ってヘデラを植え付けました。液肥を薄めた水を容器の四分の一くらいいれたら完成。簡単じゃん!

ハイドロコーンもたくさん余っているので調子にのっていっぱい作っちゃいました。

ハイドロカルチャー

らくらくホンの読み上げ機能に驚いた

1000001344

ライトハウスライブラリー(@lighthouselib)さんに誘われて、またPC講習会のお手伝いに午前中だけいってきました。とはいえ、今回は携帯電話らくらくホンを使ってインターネットをやってみよう、ということだったので、携帯電話をあまり使わないぼくは、それほどお手伝いができる場面がありませんでしたが。

今回は17名のご参加で、講師は松江市内で治療室ウェルケアを経営されている岩谷さん。よどみない講師ぶりで全然わからなかったのですが、やはり視覚障害の方でした。

らくらくホンで一番驚いたのは、読み上げ機能を使っているときに、男声か女声かでリンクのあるなしが区別されているということでした。デフォルトで女性の声で読み上げをしているとして、それが男性の声にかわったらそこがリンクの場所なのだそうで、その場所を押せばリンク先に行けるわけです。視覚障害の方は皆さん知っている機能だそうです。

iメニューで天気情報やニュースを得たり、交通機関の乗り換えを調べたりしましたが、皆さん、本当にすらすらと携帯を操っておられました。

今回もずいぶん勉強になりました。

今回の講習会の模様はUSTREAMで配信されました(録画はこちら)。いつもながら参加の皆さんお疲れ様でした。