カテゴリー別アーカイブ: インターネット関連

自分をさらすということ

楽天的な面も悲観的な面も、暴力的な面も優しい面も、善の心も悪の心も、いつも同時に持ち合わせていたりするのが人間だと思うんですけどねえ。

教室で豚を飼う映画を見て感動したけど夕食のトンカツは美味しかった、とか、GTAで人を殺しまくったのに飽きてつけたテレビニュースで無差別殺人犯の不遜な態度に憤るなんてことは、ままあるわけです。イエスが「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言ったら誰も石が投げられなかったと聖書にもあるように、昔から人間とはそういうものだと思うんです。

WebでMHN JapanでLINEというアプリを統括しているという舛田淳氏が

フェイスブックは実名制に意味があるという一石を投じた一方、1つの顔じゃないといけないというプレッシャーを与えた。多面的な顔を出せない場になりつつあり、そこに潜在的な不満が生まれた。 スマホが拓く世界市場 和製「LINE」ヒットの裏側  :日本経済新聞

ってことを言ってる記事を見て、なるほどそうだよなあと思ったのです。

一つの顔で全てを晒していくのは実はとってもたいへんなことです。ましてfacebookは実名ですからね。そんなところに近況と称して自分の思いのたけをぶつけるのは、よほどの勇気が必要だと思います。だからぼくはfacebookやってない、怖いって思う人の気持ち当たり前だと思うんです。

ところが今やfacebook就活だそうですよ。「ソーシャルメディアを使いこなしている学生=新しいメディアへの対応力と情報発信力の高い学生」なんて評価されちゃたまったもんじゃない。facebookのアカウントなければ「ITスキルがない」、アカウントだけとって書きこまなければ「発信力がない」なんて言われちゃうんですよ。つくづくご愁傷さまとしかいいようがありません。

かと言っていい格好しいばっかりでは疲れちゃいますよね。悔しかったり悩んでいたりそういうものを自分の中で溜め込んでいたら苦しくなるばかり。本当に理解してくれる友だちに、あるいは誰でもいい、俺の叫びを聞いてくれって場所があってもいいよねえと思うのです。そういうときfacebookって実はあんまり役にたたないんじゃないかと。

じゃあお前はなんでfacebookにあれこれ私生活を晒しているんだ?ということになるのですが、なんでなんでしょうね(^_^;)。もうどうにでもなあれ、って感じなんでしょうか。

ぼくはなかなか使い分けができないんですよね。昔のエントリにも書いたけど、自分の気持ちを偽っていい格好しいをするよりも、さらけ出してしまったほうが精神的に楽だったというのがあるのですね。それによって不利益も被るかもしれないけど、そのときはそのときだと割りきりました。もう歳も歳だし、今さら着飾っても素敵な恋が待っているわけじゃないですしねw。

そんなぼくでも、やっぱりfacebookでは少し身だしなみに気をつけてしまうことがあります。何でもかんでも紐付けて私生活を晒すのも、それはそれで気を使っちゃったりするんですよね。こんなニュースもありましたね。

「キター!県民の皆さん」「新聞に抗議。不買運動しましょう」 Facebookで奈良県幹部が“暴走” – ITmedia ニュース

どうなんでしょうね…。まとまりなくなっちゃいました。

BIGLOBE 3G契約してみたのでその感想


先日BIGLOBE 3Gを契約し、モバイルルーターが届きました。月額1,770円の定額利用料金はなかなかの魅力。手頃なネットワークサービスをちょうど探していた所で、すぐに検討して決断しました。

■なんでモバイルルーターが欲しかったのか

モバイルネットワークならVAIO PでWiMAXとかb-mobileが使えるのですが、なかなか使いどころが難しい。WiMAXはいいんですが、エリアが狭い。b-mobileはエリアは広いけど、速度が遅いし分単位の課金(Doccicaなので)なのが精神的に悪いといった具合で帯に短し襷に長しなんですよね。そんな中、iPadやMacも買っちゃって、これらの機器も外でつないでみたかったのです。

■なぜBIGLOBE 3Gにしたのか

もとからプロバイダがBIGLOBEだったのもあります。それとやっぱり料金が魅力でした。午前2時から午後8時までの制限付きですが、月額料金が2,000円以内に収められます。ぼくの生活パターンが3時ころに起きて9時には寝てしまうので相性もいい。

■申し込んでからどれくらいできたか

最初の案内では3日から2週間程度ということだったので、一番気にかかったのですが、契約を申し込んだのが2月6日の月曜日、モバイルルーターが届いたのが2月11日の土曜日ということで正味5日ほどでした。発送メールが待ち遠しかったです。

■モバイルルーターどんな感じ?

RS-CV0Cという端末でした。開けにくい裏蓋を外して、SIMカードと電池を取り付けます。なぜかSIMカードの他にmicroSDカードも刺さる謎の端末です。設定自体は簡単で、デフォルトの無線接続をしたらブラウザで162.168.1.1を開くと設定画面が出てきます。ここでSSIDや暗号化方式、パスワードの変更などを行えます。USBでPCと接続するとユーティリティソフトをインストールすることもできるようです。BIGLOBEの接続設定はあらかじめ済んでました。

■通信が確立するまでの時間

モバイルルーターの電源をオンにして、PCがWiFiの電波をつかむようになるまでに少し時間がかかります。RS-CV0Cは連続通信が4時間ほどですから、ずっとつけっぱなしにしておくわけにもいきません。ざっと計測したら40秒ほどかかります。PCを開いたら即ネットに繋げるわけではないです。
ただルーターの連続通信時間が4時間ほどではあるのですが、どうやらPCとUSBで接続してえおけば、充電しながら使えるようでこれはなかなか便利です。

■通信速度はどれくらい?

さっそくiPhoneでスピードを計測してみました。下りは1800kbpsでなかなかいい感じです。Webブラウズ程度であればあまりストレスがかかりません。上り250kbpsは人によっては物足りないと感じるかもしれません。大きな写真のやり取りやネットでの動画配信をしようかと思うとストレスがたまるかもしれませんね。このブログに使っている写真程度のアップは気になるほどでもないです。ぼくの使い方では問題ないかな。

■契約の穴はないのか

金額は安いのですが、時間制限があるので夜型の人には向かないかもしれません。24時間フルのコースもありますが2,770円と他のサービスとあまり料金的な差がなくなります。3日間のトータルが360MB程度で速度規制が入るとのことで、無制限で使えるわけでもないです。また2年縛りがあるのは気にしておかないといけないでしょうね。

これで晴れてうちのiPadやMBPも外に持ち出せるようになって外出時の荷物が増えそうです。外での会議やイベントの時とかに活躍しそうです。

無線LAN環境を整える


うちは職住一致なので会社と自宅のインターネット回線を共有しています。とはいえ建屋は別になるので、結構な距離になります。こんなときに便利なのが無線LAN。またiPhoneやiPadを使っていると無線LAN環境は必須です。そこで会社の光回線からルーターを通して無線LANアクセスポイントを3台設置して自宅までのエリアをカバーしています。

バッファローの無線LANルーターはWDSといって、アクセスポイント間で回線の中継ができるので以前から使用しておりましたが、古い機種だとWDSを使う際の暗号化方式にWEPしか使えないという制約がありました。

ご存知のように今やWEPでは安全とは言えない状況です。一応MACアドレスで接続できる機器を制限したり、SSIDを見えないようにしたりといったもう一工夫はしていたわけですが、それは不十分なことはわかっていました。やろうかと思えばいとも簡単に突破できる状況で、ずっと気にはしていたのですが、一度に複数台を交換するのが負担で仕方なくWEPでつないでいたわけです。

しかし年末になってずっと親ルーターとして使ってきたWHR2-G54の無線機能が今ひとつ調子が悪くなってきたので、思い切って機器を更新することにしました。最新の機器ではより高度な暗号化方式でアクセスポイント間通信ができるようになっているので、セキュリティ上も安心です。

最近は無線LANルーターもかなり安くなってきていて、狙っていたのはWHR-G301Nという機種だったのですが、電気屋さんに寄ったところWHR-HP-G300Nという機種がかなり安くなっていたのでそちらを、一気に3台購入しました。こちらの方がハイパワーで接続できます。

うちでは特に高速な回線を必要としていないので、今までアクセスポイントとして使っていたWHR-HP-Gという機種を親ルータにして、今回購入した3機を会社から自宅をつなぐアクセスポイントとして使います。今度はIEEE 802.11nでの接続ですから、アクセスポイント間通信の安定も期待できそうです。

最初にルーターとしてIPアドレス等を設定して、いざLANにつなぐと設定がリセットされてIPアドレスが変わってなかなか機器が見つからなくなるなど、設定にはそれぞれ個別のIPアドレスを割り振るので多少時間はかかりましたが、なんとか設定も終了しそれぞれに予定の場所に設置しました。暗号化方式をWPA2-PSKに設定しセキュリティもとりあえず安心。ただ、古いパソコンでは無線LANチップがWPA2に対応していないのもあるようで、外付けの子機を取り付けなければならないものもありました。


機器更新の結果はおおむね満足できるものです。一番親ルーターから遠い自宅の居間で速度を測ってみると、今まで1Mbps程度と3G回線とほぼ互角の速度しか出ていなかったのが、6Mbpsは出ています。自宅でも動画の視聴や、大きなファイルのダウンロードが可能になりました。

しかし本当のことをいえば、有線でしっかり配線して無線LANのエリアは限定したいのが理想。どうも無線というものにいまひとつ信頼がおけてないのです。まだうちのまわりは田舎なのでどうってことはないのですが、こうしてあちこちで電波が広がっていくと、混信とかの問題とかが起きそうな気がしないでもありません。自分で設定しておいてこんなことを書くのはなんですが…。

寝る前の昔話のネタ集め

夜は早く寝ることにしているので、最近は下の子と一緒に寝ています。上の子はすっかりお爺さん子なので、爺婆のところで寝ています。ところで、下の子は必ず寝る前に「お話し、お話し」と言ってくるのです。

寝室は暗くしてるので、絵本を読むわけにもいかず、覚えている昔話を二つか三つ話さなければなりません。

桃太郎とか、赤ずきんちゃんとか定番のものを思い出しながら話してはいるのですが、最近はだんだんとネタ切れになってきました。

「昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがおりました…」なんて話し始めると「それは桃太郎でしょう、もう聞いた」などと言われる始末。

どうにかして、ここは日中にネタを仕入れて夜に備えなければなりません。そこで昔話のサイトを開いて情報を収集することにしました。福娘童話集というサイトがあって、ここのお話しが大変充実していて助かります。いやあいい時代です。

子供に読み聞かせることを重視しているので、一話一話もそれほど長くなく、覚えるのに好都合です。ああ、子供の頃に聞いたことがあるなあというお話しもたくさん収録されているので、大人が見ても懐かしく面白いサイトだと思いました。

すっかり忘れていたけれども、確かにどこかで耳にし、読んだ記憶があるというのは不思議なものです。そういえば前は日本昔ばなしとかテレビでやっていたので、その記憶も残っているのかもしれません。今はそのような番組も少ないし、本を読んでやることも少ないので、やっぱりこうしてお話しをしてあげる機会は大事なのかなあとあらためて思いました。

お陰様で久々に新しいお話しを子供にすることができました。当分はネタにも困ることはなさそうです。

さくらインターネットのメールが受信できなくなった

さくらインターネットのメールを仕事からプライベートまで広く使っているのですが、最近メールソフトでの受信ができないということがしばしば起こり、とうとう昨日あたりからは全然接続できなくなってしまいました。

メールソフトにはBecky!を使っています。特に設定を変えてなかったので、おかしいなと思いつつ、メールはGmailにも転送しているのでまったく見られないわけではなく、しばらく放置していたけど、なんか気持ち悪いので、あらためて接続を見直しました。

最初はファイアウォールの関係かとも思いましたが、あわせて受信設定をしている他のプロバイダのメールやGmailは普通に届いているのでソフトウェアがブロックされているわけではないようです。

かまうのは嫌だなと思いつつメールの設定を見直してみました。POP3もSMTPもIDもパスワードも大丈夫。でも受信できない。どういうエラーかはわかりませんが、メールサーバー自体にアクセスできないようです。

そこで、今までつけていませんでしたが、POP3S、SMTPSのチェックマークに印をつけてみました。これは接続にSSLを使って暗号化するためのもののようです。POP3Sにチェックを入れると自動的にサーバーのポート番号が110から995にかわります。

するとあっさり受信できました。さくらインターネットの方で、暗号化しない普通のPOP3は受け付けなくなっているのかもしれません。もちろんSSL接続にしておいて損なことはないので、この設定が正解なのだと思います。

なんか最近メール受信に失敗するけど…という方はこの設定を見直すといいかもしれません。

SSL/TLSを用いたメールの送受信について

Nature Soundsで心を癒そう


今年は前半だけでいろんなことがありすぎました。年始めの大雪からはじまって、盲腸での入院、従業員がケガで離脱、大震災に原発などなど。未だ問題は進行中で、気持ちも何か落ち着かない。毎日追いまくられて、じっくり考えたり、日々を振り返ったりする心の余裕がなくなってました。blogが中断していたのもそんな事情で。

そんなとき、ブックマークをあさっていて見つけた環境音楽のサイトに癒されました。

Nature Sounds

このサイトは環境音を聞かせてくれるのですが、なかなか凝っています。環境音は、波の音や雨音、鳥の鳴き声や、心拍音など、30種類以上。それらを4つまで組み合わせて聞けます。ボリューム調整はもちろん、左右のバランス、音のパターンなどもいじれます。

いちいち自分で音を選ぶのが面倒くさい、と思ったときにはTop Compositionsというページを開くと、過去10日間で人気の音の組み合わせや、最近再生された音の組み合わせが選べます。

気に入った音の組み合わせをwavファイルにエクスポートすることもできるので、音の素材づくりなどにも使えそうですね。

いやあ癒されますね。環境音を聞きながら作業すれば進捗することこの上なし…か、どうかはわかりませんが、なんか心がほっとした感じ。

Nature Sounds – the best foood for your soul

まさしく。

twitterでハッと思ったこと

このところ年内に仕上げないといけないプロジェクトに縛られて、それでいて年末の酒宴が重なりいささかお疲れモードな感じです。昨日は個人宅に招かれての酒宴。もっともぼくは車で行ったのでお茶をひたすらいただきましたが、そりゃ豪勢な鴨鍋をつつきながら楽しい時間を過ごしました。

で、そのあと出雲市内に繰り出してスナックに行ったのです。前回、といってももう何ヶ月も前のことですが、行ったときにそこのママさんがtwitterやってるってんで、フォローしてよと言ったらフォローしてくれまして、相互フォローの関係になったのですが、向こうもあんまりtweetしないし、元来飲み屋に行く習慣のないぼくもお店にもいかないしであまり絡むこともなく過ごして、昨日そのお店に行ったのです。

そしたら「あー、ふみとんよくきたね~」と先方から声かけてくれるんですよ。ぼくも思い出して「あー、サーファー姉さんか。よく覚えてたね」というと「だってふみとん、毎日みてるもん。私生活全部知ってるし」ときましたよ(^_^;。

そのときハッと思いました。このママさんはフォロワーも数人なんです。で、他のフォロワーの人もあまりアクティブでないそうで、そうすると彼女のタイムラインにはぼくのtweetが延々並んでいるわけです。だから自然とぼくは彼女に公開日記を書いているようなもので、注目度もあがっていたのですね。そう考えてみると超恥ずかしいような…w

一方今ぼくのほうでは1,300人の人のタイムラインがずらずら並んでいるわけで、なかなか全部追い切れない状態ですから、多少自分をさらしたところであっという間に埋もれていくさ、みたいな気軽な感覚があって「だる~」とか「ねむ~」とか何を食ったとかあられもないことをしゃべくっているわけです。

同じtwitterというサービスでありながら、二人の間ではたぶん感覚はとんでもなく違うんだということに、あらためて気づきました。twitter恐るべし。

「いや~ぼくばっかしゃべくって迷惑じゃない?」と聞いたら「全然、すげーおもしろいよ。なんか昔から知ってるみたいだもん」と言ってくださって、まあほんに友達感覚でその後も親しく過ごさせていただきました。

こんな風にも人がつながっていくtwitterってほんと、おもしろいですわ。

ママさんにはもう少し絡んでよ、とは申し上げて松江に帰ったのは午前0時。そしてつぶやく「あ~ねむ~」。