10年生存率について思うこと

がん患者 10年後の相対生存率を初公表 NHKニュース

国立がんセンターががんの10年生存率をはじめて公表したというニュースがありました。今まで、5年生存率というのはよく指標として使われてきましたが、10年追いかけてどうだったか、はじめて体系的な調査ができたそうです。

ぼくもがんサバイバーとして、この数値が気になって調べてみました。下のサイトに部位別の生存率表があります。

全がん協加盟施設の生存率協同調査 / 全がん協生存率

膀胱がんステージ3。殆どの患者は手術をしています。5年生存率は62%。だいたいこんなものかなと思い、少し安堵。そして、表題の10年生存率はというと、32%でした。

3割というのはなかなか厳しい数字だなと率直に思いました。けれども、5割だろうが3割だろうが、当人にとっては0か100しかないわけで、あまり関係のない数値です。それよりも痛切に感じたのは、5年生き延びても安泰とは言えないのだなあ、ということです。

5年で6割、10年で3割ということは、5年が経過しても生存曲線が緩やかになることなく、一定の割合で下がり続けることを意味しています。つまり、5年経って、ああ生き延びたと安堵できるわけではなく、その後も今と同じように転移や再発を恐れながら暮らさなければならないということなのでしょう。

5年というのを一つの目安にしてきましたが、今回の発表で、それが安心の目安ではないことをあらためて思い知らされたような気がします。

もっともどんながんでも完治ということはなかなか言われません。発病して20年近くたち、もうずっと寛解状態を維持している白血病だって、いまだに病院に通い、再発がないか観察をしなければならないのです。

やはり数字というものに右往左往するようではいけないのです。確かなことは、こうなった身である以上、より一日一日を大切に生きなければならないということなのです。

一つ望みを見出すならば、今回の発表は、サンプル数も少ないですし、また2000年ころに発病した方の追跡調査です。10年一昔と言いますが、それだけの期間があれば病気の治療について進歩もあることでしょう。

今年から、全国的にがん患者の追跡調査が行われるようになります。サンプルも多くなり、治療も進歩した10年後には、きっと生存率も半分くらいには上がっているのではないでしょうか。ぼくが、その半分に入ることができればいいのですが。

関連しているかも?:

コメントをお願いします