タグ別アーカイブ: iPhone

iOSのアップデートができないのはDNSのせいかもしれない

昨日アップルの発表会があって、新しいiPadが登場しました。画面も綺麗になってこれはすごいとか思ったのですが、さすがにすぐには買えません(^_^;)。まあ、既存ユーザーとしてはiOSのバージョンがあがって、色々と改善されたところもありこれはすぐに使ってみたいと思ったわけです。

早速iTunesもアップデートして、さあiPhoneつないでアップデートするぞと意気込んだのですが、これがなかなかつながらない。アップデートサーバに接続中という表示が延々と続いています。iOS5からはiPhone本体からもアップデートできるので試みましたがこれもなかなかつながらない。まあ発表したばかりだし、当然サーバーも大混雑しているのだろうと放置をしておりました。

ところがTwitterなどを覗いてみると続々アップデートできたとの報告が出てるではないですか。ですからPCを再起動させたり、ルーターを再起動させたりいろいろやったのですがどうにもつながらない。そのうちに昨日は外出しなくてはならなくなったので、まああきらめて、今朝になってもう大丈夫だろうと思ってアップデートを試みるもやはりダメ。

そこでおんなじような人がいないか調べたらこんな記事が。

iOS5.1へのアップデートができない(解決編) – .h2oのお気楽日記

というわけでDNSの設定をいじりました。標準ではPCはルーターのDNSを叩いてルーターが自動で接続プロバイダのDNSを叩くルートになっているわけですが、これをGoogleのDNS(8.8.8.8)にかえたのです。するとあっさりダウンロードがはじまりました。そりゃもう拍子抜けするくらい。ダウンロードも8分程度で終了し、アップデートも無事できました。

どうやらうちのプロバイダはハズレのDNSを引きずっているようです。これじゃルーター再起動とか意味ないわけです。

というわけで、GoogleDNSなかなか良いわ。アップデートがなかなかできないという方は案外こういうことかもしれず、お試しください。もっとも、iOSアップデートで無限ループに陥るという症状もあるようですので、様子見もありかもしれません。

【重要】iOS 5.1 にアップデートするとセットアップ画面でループする問題について。 – AppBank

iPadでマインドマップ SimpleMind+が使いやすい

\"\"
アイデアを練るときによくマインドマップを使います。それほど本格的に勉強したわけではないので、ほとんど我流ではありますが、色々なプロジェクトの課題をマインドマップを書くことで、すっきり見通せるようになりますよ。そんなとき、コンピュータがマインドマップの作成を手助けしてくれるツールになります。

PCで作業するときにはFreeMindというソフトウェアを使っています。フリーウェアですし、慣れればキーボードによる操作が快適で、さくさく入力ができます。PDFや画像にも出力できるので、資料に添付したりするのも楽です。ただ、ちょっとおしゃれな感じがしないというのが欠点でしょうか。

入力しやすいSimpleMind+

iOSでもマインドマップアプリはいろいろと出ていますが、SimpleMind+が使いやすかったので紹介したいと思います。

SimpleMind+は、操作性がすぐれているところに特徴があると思います。マインドマップでは子ノードと兄弟ノードというのをよく使います。項目Aから枝を伸ばしてできた項目Bが子ノードです。このとき、他にも親項目Aから枝を伸ばして項目B\’を入力するときに、項目Aに戻って枝を伸ばすか、項目Bから兄弟ノードを直接入力できるかで作業性がだいぶ違うのです。SimpleMind+では、子ノードを入力できるボタンと、兄弟ノードを入力できるボタンがわかれているので、使い分けが簡単にできます。

また枝を張ったあとに、あるノードを別のノードに付け替えたいということもよくあることですが、SimpleMind+では親にしたいノードに、子にしたいノードを重ねるだけで付け替えることができます。これは楽チンで直感的な操作です。

また豊富なスタイルが揃っているのも特徴です。カラフルなものからシックなものまで10種類のスタイルがあって、見栄えのするおしゃれなマップができあがります。

フリー版ではエクスポートできない

フリー版で基本的な操作はでき、マインドマップが簡単に作れるのですが、一点大きなデメリットがあります。フリー版ではPDFやJPGなどへのエクスポートができないのです。インポートもできません。FreeMindで作ったファイルを読みこませようとしてもフリー版では読み込めないのでした。唯一、デスクトップ版へセーブする機能だけがあります。MacのAppストアにはSimpleMind Freeというのがあって、これをMacで使えばiOSで作ったマインドマップを読み込むことができました(要Wi-Fi)。

やはりこのままではお試し版といった位置づけなのかもしれません。アプリ内課金(350円)でフルバージョンになるとのことで、買ってみました。

フルバージョンだと機能豊富

\"\"フルバージョンにすると、メールで外部にエクスポートすることができます。エクスポートもPDF、PNG、アウトラインテキスト、OPML、FreeMindなどの形式を選べ、また一括で送ることもできます。これはなかなか優れた機能だと思いました。

自分宛のGmailなどに送っておけばいろんなプラットフォームで参照することができます。iPhoneにインストールしたものでも同じようにみられます。FreeMindで編集することも可能です(レイアウトはだいぶ違いますが…)。

\"\"ぼくはFreeMindしか使っていないのであれですが、FreeMind形式のファイルを開くこともできるようになりました。メールやDropboxなどに入れてあるmmファイルを「次の方法で開く」でSimpleMind+を選択すると読み込めます。だいぶレイアウトは崩れてしまいますが、味気ないFreeMindのマップを綺麗に修飾することもできそうです。

フリー版ではできなかった離れた枝と枝をつなぐ、クロスリンクもフルバージョンではできますし、任意のノードの色を変えたり、アイコンを挿入することもできるようになりました。

課金はしましたが、入力しやすくアイデアを次々放り込めて、編集もしやすいこのアプリを気に入りました。要望とすればiCloudにでも対応するとシームレスに連携ができていいのかなとも思いますが、どうなんでしょう。iTunesストアにはSimpleMind+とSimpleMind for iPhone, iPadと二つアプリがありますが、SimpleMind+を買ってアプリ内課金をした方がお得です。SimpleMind for 〜は昔からのユーザーのバージョンアップ用だと思われます。ご注意ください。

テキストエディタ探し

\"\"
モバイルルーターを持ち歩くようになってから、実はVAIO Pが再び活躍するようになりました。プロセッサはAtomで非力ではありますが、本体は軽いし、SSDなので雑に扱っても平気なのがいいですね。実はこのPCにはWiMAXにb-mobileのSIMも入った全部入りなんですが、PCに通信機能を入れたのはちょっと失敗だったかなと思います。これだけモバイルルーターの使い勝手がいいとは思いませんでした。

おそらくこのPCにBIGLOBE 3GのSIMを入れて、ルーターとして動かすこともできないわけではないでしょうが、そうなると例えばiPadを使いたい時もPCをオンにしておかなければならなくなります。昔のように一台のPCで何もかも作業するならば、通信機能内蔵が便利だったのでしょうが、今やスマートフォンやタブレットなどを使い分ける時代になると、やはり通信機能は外部のルーターに任せてシェアしたほうが便利なように思います。

まあ外での作業といえば、インターネットに接続して調べ物をしたり、メールをチェックして返信したりなんですが、そういうことはiPhoneでもできます。しかし、長い文を書くのは、やっぱりしっかりしたキーボードの付いたPCの方が楽です。

さて、文章を書くにはテキストエディタが必要なんですが、Windowsではもうずっと秀丸を使っています。Windows3.1のころからですからもう十何年ということになりましょうか。しかし、マクロなどはバリバリ使うわけでもなく、便利そうなものを拝借して使っている程度のことです。無償のいいエディタもあると思うのですが、最初に4千円も払っちゃったという気持ちがあるのでしょう、とにかく秀丸一択です。せこいですね(汗)。

ところが最近はMacを使うようになりまして、Macだとおしゃれなエディタとかいろいろあるじゃないですか。このVAIO Pとかどうせマルチタスクできるほどのパワーでもないし、いっぱいにウィンドウを開いてすっきりテキストを入力してもいいのじゃないかなと思ったのです。そこで、少し浮気をして秀丸以外のエディタを使って見ることにしました。

まずMacで有名なOmmwriterを試してみました。背景画像にただ文字を打っていくのは新鮮な感じがするものです。しかし、Atom搭載のVAIO Pでは文字入力がもたついてしまうことが判明。かなりのCPUパワーが必要なようです。残念ながら、画面が快適でも入力にストレスが溜まっては意味がありません。

次にJDarkRoomというのがあるということで、ダウンロードしてみました。起動すると黒の背景色に緑の文字はなんとなく懐かしい。コマンドもファンクションキーやコントロールキーを駆使するというどこかDOS環境を思わせるもので、とてもいい感じです。動作も軽快です。しかし、なぜか保存したファイルを再度開くと文字化けするんですよね…。テキストエンコーディングをだいぶいじったりもしたんですが、よくわからずじまい。もう少し深く勉強してみる必要がありそうです。

エディタ探しはまだまだ続けていこうかなと思いますが、結局秀丸が一番使い勝手がいいというオチになりそうな感じです。長い付き合いですからね、浮気してゴメンね。

BIGLOBE 3G契約してみたのでその感想


先日BIGLOBE 3Gを契約し、モバイルルーターが届きました。月額1,770円の定額利用料金はなかなかの魅力。手頃なネットワークサービスをちょうど探していた所で、すぐに検討して決断しました。

■なんでモバイルルーターが欲しかったのか

モバイルネットワークならVAIO PでWiMAXとかb-mobileが使えるのですが、なかなか使いどころが難しい。WiMAXはいいんですが、エリアが狭い。b-mobileはエリアは広いけど、速度が遅いし分単位の課金(Doccicaなので)なのが精神的に悪いといった具合で帯に短し襷に長しなんですよね。そんな中、iPadやMacも買っちゃって、これらの機器も外でつないでみたかったのです。

■なぜBIGLOBE 3Gにしたのか

もとからプロバイダがBIGLOBEだったのもあります。それとやっぱり料金が魅力でした。午前2時から午後8時までの制限付きですが、月額料金が2,000円以内に収められます。ぼくの生活パターンが3時ころに起きて9時には寝てしまうので相性もいい。

■申し込んでからどれくらいできたか

最初の案内では3日から2週間程度ということだったので、一番気にかかったのですが、契約を申し込んだのが2月6日の月曜日、モバイルルーターが届いたのが2月11日の土曜日ということで正味5日ほどでした。発送メールが待ち遠しかったです。

■モバイルルーターどんな感じ?

RS-CV0Cという端末でした。開けにくい裏蓋を外して、SIMカードと電池を取り付けます。なぜかSIMカードの他にmicroSDカードも刺さる謎の端末です。設定自体は簡単で、デフォルトの無線接続をしたらブラウザで162.168.1.1を開くと設定画面が出てきます。ここでSSIDや暗号化方式、パスワードの変更などを行えます。USBでPCと接続するとユーティリティソフトをインストールすることもできるようです。BIGLOBEの接続設定はあらかじめ済んでました。

■通信が確立するまでの時間

モバイルルーターの電源をオンにして、PCがWiFiの電波をつかむようになるまでに少し時間がかかります。RS-CV0Cは連続通信が4時間ほどですから、ずっとつけっぱなしにしておくわけにもいきません。ざっと計測したら40秒ほどかかります。PCを開いたら即ネットに繋げるわけではないです。
ただルーターの連続通信時間が4時間ほどではあるのですが、どうやらPCとUSBで接続してえおけば、充電しながら使えるようでこれはなかなか便利です。

■通信速度はどれくらい?

さっそくiPhoneでスピードを計測してみました。下りは1800kbpsでなかなかいい感じです。Webブラウズ程度であればあまりストレスがかかりません。上り250kbpsは人によっては物足りないと感じるかもしれません。大きな写真のやり取りやネットでの動画配信をしようかと思うとストレスがたまるかもしれませんね。このブログに使っている写真程度のアップは気になるほどでもないです。ぼくの使い方では問題ないかな。

■契約の穴はないのか

金額は安いのですが、時間制限があるので夜型の人には向かないかもしれません。24時間フルのコースもありますが2,770円と他のサービスとあまり料金的な差がなくなります。3日間のトータルが360MB程度で速度規制が入るとのことで、無制限で使えるわけでもないです。また2年縛りがあるのは気にしておかないといけないでしょうね。

これで晴れてうちのiPadやMBPも外に持ち出せるようになって外出時の荷物が増えそうです。外での会議やイベントの時とかに活躍しそうです。

無線LAN環境を整える


うちは職住一致なので会社と自宅のインターネット回線を共有しています。とはいえ建屋は別になるので、結構な距離になります。こんなときに便利なのが無線LAN。またiPhoneやiPadを使っていると無線LAN環境は必須です。そこで会社の光回線からルーターを通して無線LANアクセスポイントを3台設置して自宅までのエリアをカバーしています。

バッファローの無線LANルーターはWDSといって、アクセスポイント間で回線の中継ができるので以前から使用しておりましたが、古い機種だとWDSを使う際の暗号化方式にWEPしか使えないという制約がありました。

ご存知のように今やWEPでは安全とは言えない状況です。一応MACアドレスで接続できる機器を制限したり、SSIDを見えないようにしたりといったもう一工夫はしていたわけですが、それは不十分なことはわかっていました。やろうかと思えばいとも簡単に突破できる状況で、ずっと気にはしていたのですが、一度に複数台を交換するのが負担で仕方なくWEPでつないでいたわけです。

しかし年末になってずっと親ルーターとして使ってきたWHR2-G54の無線機能が今ひとつ調子が悪くなってきたので、思い切って機器を更新することにしました。最新の機器ではより高度な暗号化方式でアクセスポイント間通信ができるようになっているので、セキュリティ上も安心です。

最近は無線LANルーターもかなり安くなってきていて、狙っていたのはWHR-G301Nという機種だったのですが、電気屋さんに寄ったところWHR-HP-G300Nという機種がかなり安くなっていたのでそちらを、一気に3台購入しました。こちらの方がハイパワーで接続できます。

うちでは特に高速な回線を必要としていないので、今までアクセスポイントとして使っていたWHR-HP-Gという機種を親ルータにして、今回購入した3機を会社から自宅をつなぐアクセスポイントとして使います。今度はIEEE 802.11nでの接続ですから、アクセスポイント間通信の安定も期待できそうです。

最初にルーターとしてIPアドレス等を設定して、いざLANにつなぐと設定がリセットされてIPアドレスが変わってなかなか機器が見つからなくなるなど、設定にはそれぞれ個別のIPアドレスを割り振るので多少時間はかかりましたが、なんとか設定も終了しそれぞれに予定の場所に設置しました。暗号化方式をWPA2-PSKに設定しセキュリティもとりあえず安心。ただ、古いパソコンでは無線LANチップがWPA2に対応していないのもあるようで、外付けの子機を取り付けなければならないものもありました。


機器更新の結果はおおむね満足できるものです。一番親ルーターから遠い自宅の居間で速度を測ってみると、今まで1Mbps程度と3G回線とほぼ互角の速度しか出ていなかったのが、6Mbpsは出ています。自宅でも動画の視聴や、大きなファイルのダウンロードが可能になりました。

しかし本当のことをいえば、有線でしっかり配線して無線LANのエリアは限定したいのが理想。どうも無線というものにいまひとつ信頼がおけてないのです。まだうちのまわりは田舎なのでどうってことはないのですが、こうしてあちこちで電波が広がっていくと、混信とかの問題とかが起きそうな気がしないでもありません。自分で設定しておいてこんなことを書くのはなんですが…。

InstagramとTwitterの連携がうまくいかない件が解決


あけましておめでとうございます。今年はもう少しブログ更新したいなあと思いますが、毎年思うことですので…。

さて、iPhoneを修理に出して交換品をいただいて復元をしたわけですが、InstagramとTwitterの連携がうまくできない現象が起きてしまっていました。設定を行おうとすると「しばらくしてからもう一度試してみてください。」とのメッセージでしばらくしてからを何度繰り返してもダメなままです。

まあ仕方ないと諦めてはいたのですが、やっぱり気になるということで調べてみたらこちらの記事で同じ現象について解説があり、解決しました。

最近, 気になったこと…: Instagram の Twitter 連携がうまくいかなかった顛末

iPhoneのTwitter設定を確かめてみると、ぼくの場合「パスワードが違います」と表示されました。再度設定を行なってみたところ、無事Instagramからも連携することができるようになりました。いやあほんと助かりました。ありがとうございます。

そういえば、通知センターもTwitterだけ全然飛んでこなくなっていたのですが、この設定のところがネックだったのかもしれません。復元してどうも調子がわるいなあという方は、チェックしてみてください。

iPhoneを修理に出した


年末になって色々と仕事上の問題もあって、ここのところドタバタしていましたが、そんな最中、iPhoneが突然充電できなくなるというトラブルにも見舞われてしまいました。

不具合というのは突然やってくるものですね。そろそろ電池も半分になってきたし、充電しとくかとACアダプタ経由で充電しようとしてもうんともすんともいいません。ケーブルがへたったせいかとも思いましたが、同じケーブルでiPadには充電できます。コネクタ部分に異物でもあるかと思いましたが、それもないし、どうやらハードのトラブルに間違いないようです。

さてさてAppleでハードウエアのトラブルに見舞われたのは初めてのこと。購入したSoftbankショップに聞いてみたところ、こういう場合はAppleのサポートにまず連絡してくださいとのこと。Appleのサポートはすぐつながりました。症状を訴えると修理に出してくださいということで、その際梱包などは運送業者がやるので、SIMカードやケースなどを外して裸のまま渡してくださいということでした。送料は先方持ちだそうで。

幸いショップには貸出用の代替機があるというので、閉店間際でしたが伺ってSIMカードの入れ替えをしてもらい、とりあえず電話は使えるようにしていただきました。貸してもらったのはiPhone4の16GB。そのままでは、やっぱりどうしようもないので家に帰ってからiCloud経由での復元を試みることになりました。

代替機はまだiOSが古かったので、iCloudでの復元ができません。まずはiOS5にバージョンアップして、それからiCloudでの復元となるわけですが、これが全然進まない。サーバーが不安定なのか、混雑しているのか、途中まで行ってネットワークが切断されましたとか、サーバーの問題で復元できませんとかメッセージを返してくるのです。リトライにリトライを重ねてようやく成功したときは、まるまる半日かかってました。その時は、たまたまAppleのサーバーが調子悪かったのだろうと思いましたが…。

翌々日にヤマト運輸がiPhoneの回収に来られたので渡しましたが、運ちゃんはその場で梱包でもしてくれるとおもいきや裸のまま車に持って行かれてしまいました。データとか大丈夫かなともちらと不安がよぎりましたがまあ仕方ない。

Appleのサイトでは修理状況が確認できるのですが、それによれば翌日には無事届いて、すぐに交換となったようで、届いたその日に返送となりました。シリアル番号も変わってるので修理ではなくて製品の交換という扱いのようです。

荷物を渡してから3日で新しい(と思われる)iPhoneが帰って来ました。LenovoのPCを修理に出した時も思ったのですが、最近は修理のスピードがすごい早いです。さて、梱包を解いてみると、iPhoneはAppleCare Serviceとロゴの入ったえらく立派な箱に収められていました。Lenovoに修理依頼をしたときは、箱から梱包材から全部自分でやったやつがそのまま送られてきたのとは大違いです(^_^;)。

で、またiCloudで復元しようとしたのですが、これがまた全然繋がらない。どうもiCloudはなにやってるのかわからないこともあるし、復元がこうも時間がかかるのではちょっといただけません。仕方が無いので、代替機のiCloudでのバックアップを切ってMacにつないでバックアップをとり、それを復元しました。

Appleの修理体験ははじめてだったのですが、電話対応も親切でしたし、休日も関係なく迅速に対応していただけて大変好印象でした。ただiCloudだけは信用ならんと思いました。