タグ別アーカイブ: Facebook

自分をさらすということ

楽天的な面も悲観的な面も、暴力的な面も優しい面も、善の心も悪の心も、いつも同時に持ち合わせていたりするのが人間だと思うんですけどねえ。

教室で豚を飼う映画を見て感動したけど夕食のトンカツは美味しかった、とか、GTAで人を殺しまくったのに飽きてつけたテレビニュースで無差別殺人犯の不遜な態度に憤るなんてことは、ままあるわけです。イエスが「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言ったら誰も石が投げられなかったと聖書にもあるように、昔から人間とはそういうものだと思うんです。

WebでMHN JapanでLINEというアプリを統括しているという舛田淳氏が

フェイスブックは実名制に意味があるという一石を投じた一方、1つの顔じゃないといけないというプレッシャーを与えた。多面的な顔を出せない場になりつつあり、そこに潜在的な不満が生まれた。 スマホが拓く世界市場 和製「LINE」ヒットの裏側  :日本経済新聞

ってことを言ってる記事を見て、なるほどそうだよなあと思ったのです。

一つの顔で全てを晒していくのは実はとってもたいへんなことです。ましてfacebookは実名ですからね。そんなところに近況と称して自分の思いのたけをぶつけるのは、よほどの勇気が必要だと思います。だからぼくはfacebookやってない、怖いって思う人の気持ち当たり前だと思うんです。

ところが今やfacebook就活だそうですよ。「ソーシャルメディアを使いこなしている学生=新しいメディアへの対応力と情報発信力の高い学生」なんて評価されちゃたまったもんじゃない。facebookのアカウントなければ「ITスキルがない」、アカウントだけとって書きこまなければ「発信力がない」なんて言われちゃうんですよ。つくづくご愁傷さまとしかいいようがありません。

かと言っていい格好しいばっかりでは疲れちゃいますよね。悔しかったり悩んでいたりそういうものを自分の中で溜め込んでいたら苦しくなるばかり。本当に理解してくれる友だちに、あるいは誰でもいい、俺の叫びを聞いてくれって場所があってもいいよねえと思うのです。そういうときfacebookって実はあんまり役にたたないんじゃないかと。

じゃあお前はなんでfacebookにあれこれ私生活を晒しているんだ?ということになるのですが、なんでなんでしょうね(^_^;)。もうどうにでもなあれ、って感じなんでしょうか。

ぼくはなかなか使い分けができないんですよね。昔のエントリにも書いたけど、自分の気持ちを偽っていい格好しいをするよりも、さらけ出してしまったほうが精神的に楽だったというのがあるのですね。それによって不利益も被るかもしれないけど、そのときはそのときだと割りきりました。もう歳も歳だし、今さら着飾っても素敵な恋が待っているわけじゃないですしねw。

そんなぼくでも、やっぱりfacebookでは少し身だしなみに気をつけてしまうことがあります。何でもかんでも紐付けて私生活を晒すのも、それはそれで気を使っちゃったりするんですよね。こんなニュースもありましたね。

「キター!県民の皆さん」「新聞に抗議。不買運動しましょう」 Facebookで奈良県幹部が“暴走” – ITmedia ニュース

どうなんでしょうね…。まとまりなくなっちゃいました。

ライトハウスライブラリーでFacebook講習会

27日はライトハウスライブラリーでFacebook講習会が行われたのでサポートスタッフとして行ってきました。

視覚障害のある方にパソコンをもっと使っていただこうという講習会で定期的に開催されているものです。これまでにもパソコン講習に何回かお手伝いに行ったのですが、今回は受講者の方もサポートスタッフもこれまでにない規模で二十数名の方が参加されました。サポートメンバーもTwitterやFacebookでお付き合いしていただいている方も多く、ぼくも最近はオフ会に出られてないので、久々に旧知の皆さんとお会いすることができました。

講師はやはり視覚障害者の尾島さんで、なかなか充実したテキストも用意されてました。受講生の方は普段からパソコンをバリバリ使いこなしていらっしゃる方ばかりで、よほどぼくなんかよりもオペレーションがうまいわけです。しかしFacebookというのはやっぱり操作に癖があるので、かなり時間がかかってしまいました。

今回はPCサイトではなく、携帯用のFacebookサイト(m.facebook.com)にアクセスをしました。携帯用サイトはシンプルな構成なので目的の場所に早く達することができるわけです。とはいえ、Facebookのサイトのアクセシビリティは難があるものでした。登録のハードルは高いし、画面がブラウザによっても、またFacebookの使いこなし度に応じても変わってしまいます。多くの方が使っているInternetExplorerでの使い勝手はとてもいいとは思えません。

例えば登録したての時は、Facebookがやたらと友達を探す機能をプッシュしてくることを知りました。おすすめの友達やらを冒頭でこれでもかと薦めてくるので、ニュースフィードまでなかなかたどり着けません。

視覚障害者がある方が頼りにするキーボードショートカットもうまく働きません。事前にキーボードショートカットも調べていたのですが、どうもうまくいかないのです。一発で近況を入力したりできるといいのですが…。もう少しアクセシビリティへの配慮が欲しいですね。

以前やったTwitter講習会ではモバツイという携帯用のサービスを使って、キーボードショートカットでいろいろな機能に一発でアクセスできたわけで、そういう点でもFacebookは使いにくいなあと感じられた方も多かったかもしれませんね。

そういう困難がありながらも短い時間で、コメントまで入力までたどり着いたので、講師の尾島さんもよく頑張られたと思います。

ぼくがサポートについた佐藤さんは、飲み込みも早く、概念的なことをお話しするとすぐに理解していただけたので、サポートといってもそれほどお手伝いすることもなく使いこなしておられました。

毎回講習会ではサポートといいながらこちらが勉強することが多いのです。インターネットサイトひとつとっても、アクセスしやすいとはどういうことなのかはっとさせられます。ひいては、例えば道を歩いていも、この導線はどうなのかとか、このモノの配置はどうなのかということも意識させられるのです。簡単に理解しうるものではありませんが、そういう意識をもって世界をみるとまた違った側面を発見できると思います。また時間があれば、お手伝いにうかがいたいと思っています。