タグ別アーカイブ: 音楽

山陰フィルジュニアオーケストラ演奏会

プラバホール
昨日、プラバホールで行われた山陰フィルジュニアオーケストラのコンサートに行ってきました。まだ体調も万全ではないですが、Twitterの友達が出演すると前から聞いていたし、昨年は行けなかったので、今年はぜひ行ってみたかったのです。

もっとも友達の演奏するところを見てみようというだけのことで、音楽をぜひ聴こうという気持ちではありませんでした。なんといっても山陰フィルジュニアオーケストラは小学生からメンバーになるようなアマチュア楽団だし、ピアノの発表会程度だろうと思っていました。観客も子どもたちや家族連れが多く、おおかた友達やわが子の演奏を見に来た方々に違いありません。

ところが最初の音が響き渡るやぼくは背筋を伸ばしました。出だしの弦楽器の響きが予想以上に豊かでびっくりしたのです。それは何年かぶりに生のオーケストラコンサートに触れたせいかもしれません。今やCDすらほとんど聴くこともなくなり、PCに入った圧縮された音に慣れきっていた耳には、立派なホールで本物の楽器が重なりあって奏でる音の響きが、とても重厚で新鮮なものに感じられたのです。

もちろん、メンバーの皆さんの努力もあったからこそ、この響きが出てきたのだと思います。オーケストラ全体としては、演奏に余裕がないところがあったり、ちょっと管楽器が自己主張しすぎなところがあったりして、バランスが崩れるところもあったけれど、そんなことは本当に細かいことです。子どもから大人まで、演奏者の皆さんの顔が輝いていたのが印象的でした。これまでの練習の成果がこんな音になって出てくるのだったら、どんなに演奏して気持ちいいだろうと思いました。

いったいにぼくは感激屋なのですが、このコンサートでは久しぶりの生の音楽の響きに本当に感激しました。演奏を聴きにきて素直に良かったと思ったし、大げさではなく生きてて良かったなあと思いました。退院してからこの方、思うように身体も動かず仕事も家事もままならず、憂鬱な日を過ごしていたけれど、元気になればまたこうした感動にも出会えるのだから、くさらず元気になろうと思い直しました。そうしてまたこうした生の音を聴きに来ようと思いました。

車を遠くに止めたので、歩いての帰り道はとても大変で足が棒のようになりましたが、いままでのように息切れをすることがだいぶ少なくなったように思います。アマチュア楽団の演奏とたかをくくっていて申し訳ない、元気をいただいたことを感謝したいです。

Nature Soundsで心を癒そう


今年は前半だけでいろんなことがありすぎました。年始めの大雪からはじまって、盲腸での入院、従業員がケガで離脱、大震災に原発などなど。未だ問題は進行中で、気持ちも何か落ち着かない。毎日追いまくられて、じっくり考えたり、日々を振り返ったりする心の余裕がなくなってました。blogが中断していたのもそんな事情で。

そんなとき、ブックマークをあさっていて見つけた環境音楽のサイトに癒されました。

Nature Sounds

このサイトは環境音を聞かせてくれるのですが、なかなか凝っています。環境音は、波の音や雨音、鳥の鳴き声や、心拍音など、30種類以上。それらを4つまで組み合わせて聞けます。ボリューム調整はもちろん、左右のバランス、音のパターンなどもいじれます。

いちいち自分で音を選ぶのが面倒くさい、と思ったときにはTop Compositionsというページを開くと、過去10日間で人気の音の組み合わせや、最近再生された音の組み合わせが選べます。

気に入った音の組み合わせをwavファイルにエクスポートすることもできるので、音の素材づくりなどにも使えそうですね。

いやあ癒されますね。環境音を聞きながら作業すれば進捗することこの上なし…か、どうかはわかりませんが、なんか心がほっとした感じ。

Nature Sounds – the best foood for your soul

まさしく。