月別アーカイブ: 2017年12月

1年分の日記を1冊にしてよかった

日々の記録をノートに取るようになって数年が経ちました。当初はツバメノートを使っていましたが、今年はMDノートダイアリーにしてみました。A5サイズで一日一ページ、一年経つと一冊が埋まるようになっています。

普段はあまり気にしていませんでしたが、いよいよ12月も末になって、一年の記録が一冊に収まっているのを感じるとそれなりの感慨があります。

パラパラと読み返すと、その日にどんなことがあったか、何を感じていたか思い出します。余白にその日の大きなニュースを書いてる日があるのですが、そのニュースの日と自分の行動の記憶がかみ合わないことがあり、記憶というのはいかにアンバランスに配置されているか思い知らされます。

出来事の記録ばかりでなく、欄外には「頑張れ!」とか「面倒くさい」とか自分の気持ちが書いてあることがあり、あとで読み返すとそのような感情の吐露が、記憶を呼び覚ますトリガーになることがありました。

数ヶ月に一冊のペースだと、昔のノートを読み返すことをなかなかしませんでした。けれども一年一冊になると読み返しやすくなり、それがまた新しい記録へのモチベーションにもつながります。

あいかわらずデジタル記録かアナログ記録か迷っている自分がいますが、このような振り返り方ができるのはアナログ記録ならではのことで、これからもペンによる記録は続けていきたいと思います。

でもこのMDノートダイアリー、結構な値段がするんですよね。月間カレンダーが月曜始まりで気に入らないとか、デイリーの日付は入れておいてほしいとか、気になるところもありますが、インクがどっぷり出る万年筆で書いても裏抜けしない紙質は気に入っています。

そして、やはり一年一冊の感慨をもう一度味わいたいということでリピートしてしまいました。今日で2017年版を閉じ、明日からは同じMDノートダイアリー2018年版を使っていこうと思います。

ラッキー

今回犬を飼いたいと一番強く主張したのは下の子で、自分が世話をすると宣言もしました。そのせいか、朝に餌やりもしますし、おしっこやうんちの処理も気づいたときにやっています。

ですので犬の名前も下の子につけてもらうことにしました。

ところがなかなかに迷っていました。犬の方も、名前が決まらないことには、なんとなく戸惑っているような様子で、しつけも思うようにできません。

犬がきたその日に決まらず、とうとう三日目には「父ちゃん考えて」と言って学校へ行きました。そこで、名前の候補をいろいろ考えました。

預かりさんのところでは「フク」だったし、もらい受けた12月14日は赤穂浪士の討ち入りの日だから「クラノスケ」にしようか、とか鼻が黒いから鼻黒では言いにくいので「ハグロ」にしようか、とか…まあいくつか考えて選ばせようとリストを作りました。

夜に家族がそろったところで、どれがいいかと聞くと、下の子はまったくリストを無視して「ラッキー」はどうかと言いました。

ラッキーとは極めてありきたりな名前じゃないかと思いましたが、いわれてみると案外良さそうな気もします。確かに保護犬の身からすれば、飼い主が定まったことはラッキーなことに違いありません。わが家にとっても犬が子どもたちに良い影響を与えることを期待していたわけですし、Lucky Dogという言葉は「果報者」という意味もあるようです。犬がわが家に幸運をもたらしてくれるかもしれません。

ラッキーという名前が決まると、しつけも進んだように思います。ラッキーという言葉に注目させるようにし、アイコンタクトができてから指示を出すことでオイデやオスワリなどもすんなり覚えてくれました。ラッキーもだいぶやんちゃが出てきて、あちこち囓ったりするようになりました。

指示を聞いてくれると、少し距離も近くなったように感じます。猫がいるときとは違う楽しみですね。
オスワリするラッキー

犬が家族に加わった

12月14日に保健所に行き、犬をもらい受けました。今月の初めに会ったときは、テレビ番組に出てる豆助を茶色くしたようなコロコロした犬という印象だったのですが、それから10日ばかりでずいぶん鼻が伸びて、ひとまわり大きくなっているようにみえます。クリート(犬を入れるキャリー)をあらかじめ用意しておいたのですが、絶対大きかろうと思ったMサイズがちょうど良い感じです。

雑種なので、果たしてどこまで大きくなるかわかりません。もらい受けたその足で獣医さんのところへ行くと、まだ乳歯ばかりなので推定生後2ヶ月、現在の体重は4キロ。柴がメインでラブラドール・レトリバーが少し入っていそうで、大きくなると柴犬よりひとまわり大きい12キロくらいではという見立てでした。

病院の後、家に連れて帰り、あらかじめ用意した120センチ×80センチのサークルにクリートごと収まってもらいました。非常に慎重派であちこちを探検するよりも、まず様子を探っているようなところがあり、何かに驚くとすぐにクリートの中に戻っていきます。とりあえずクリートは自分の安心できるところと認識しているようです。

夕方にようやくドッグフードを用意して、試しに20gほど与えてみたところ、がっついて食べてくれました。追加のフードには病院でもらった虫下しの薬をまぜてもお構いなく食べて、水をがぶがぶ飲んで、満足したらおしっこもしたので一安心しました。

11月末に保護されてまもなく保健所から引き出され、預かりさんのところで他の犬と暮らしていたこの子犬。預かり先では「フク」と呼ばれていたそうで、そう言われるとフクでもいいかなという気がしてきますが、あえて子どもに名付けてもらおうと思うので、その名前はいったん封印しておこうと思います。

まだ犬も子どもたちも探り探りではありますが、これからどんな関係が築いていけるか楽しみになってきました。人間の子どもに手を焼いて、そこに犬が加わって大変そうではありますが、どうか健やかに育っていきますように。
保健所からやってきた犬

犬を飼うことになった話

「犬を飼いなさいませ、犬は情操教育にいい」
今年の夏、面談中に校長先生が言いました。

長男の問題行動は中学校でもおさまらず、しばしば学校に呼ばれることがあります。そうして面談をしながら、どうしたら彼に自信を持って毎日が暮らせるようになるのかという話題になったとき、そういう話が出たのです。

昨年の今頃、猫のミライを逃してしまい行方知れずにしてしまってから、ペットはしばらく飼うまいと思いました。ですから、犬を飼えと言われても、全然気持ちが向かいませんでした。しかし、ミライの失踪から一年がたとうとする秋も終わりの頃、子供たちがまた動物を飼いたいと言い始めたのです。

最初は取り合いませんでした。ニャン太が死んだときに感じた悲しい思いを忘れたのか、ミライがいなくなったときのみんなの暗さを思い出さないのか、と。すると、猫がだめなら犬がいいというのです。

猫は放っておいても自分の世界を生きていくが、犬のお世話は猫と比べものにならないくらい大変なんだぞ、というと下の子が、「お世話はぼくがするから」と言います。たいていの子供はそういうのでしょう。そして、結局は親が世話をすることになるのです。

けれども、そのときに夏の面談での校長先生の言葉を思い出しもしました。ちょうど近々保健所で譲渡会があるというチラシも見かけました。これも導きかもしれないなあと思いつつ、やはりためらいもあります。

(まあ譲渡会へ行くだけ行ってみるか、その上で飼うのが厳しいとわかれば子供もあきらめるだろう…。)

譲渡会当日、下の子をつれて出かけました。猫の方が多いような印象も受けましたが、犬も十数匹いて、案外子犬も多くおりました。これだけいると犬の容姿もそうですが、性格も様々です。生後数ヶ月の子犬たちは、世間知らずですから物怖じせずに走り回っているのやら、無邪気にじゃれ合ったり、人に愛想を振りまいていたりするのもいてずいぶん人気です。一方月齢が少し上がった成犬たちの中には、ぶるぶる震えておびえているのもいました。

彼らは、なんといっても保護犬なのです。捨てられたのか持ち込まれたのか、人の愛情を受けられず、あわや殺処分の手前までいったのを連れ出されて、ようやく預かりさんが世話をしている犬たちです。人間に対する恐怖も不信感もありましょう。

下の子は最初こそうじうじしていましたが、そのうちジャック・ラッセル・テリアのまじったような、活発な子を気に入り、ずいぶん遊んでいました。けれども活発な犬は、あっという間にもらわれて行きます。すごい残念そうで、こうなると是が非でも犬が飼いたいとごね始めました。

ずいぶん困っていると、一匹子犬でありながら、ずいぶんおとなしいのがいました。柴犬のように見えて、全体が濃い茶色で鼻のまわりが黒い、むっくりした子犬です。抱き上げておびえることはありませんが、人に甘えることもありません。ただおとなしく抱かれているままです。

つい数日前に一人でいるところを保護されて、たぶん何もわかっていないのだろうということでした。

「どうだおとなしいのもよかろう、この子にしないか」
下の子は、さっきまでの活発さとは対照的なので、なんだか気が向かないようでしたが、だっこをするとすっと収まるのが気に入ったか「この子がいい」といいました。

もっともこちらがいいと言っても、譲ってもらえるかどうかは別です。譲渡会というのは初めて参加したのですが、条件やらなんやら厳しいと聞いていました。ところが、この子をもらい受けたいというと、
「それはありがとうございます、この用紙に誓約書があるので名前を書いてもらって、はあ、いつがいいですか、来週以降ならいつでも、じゃあこの日に…」などと、とんとん拍子で進み、あっけなくもらい受けることになりました。あんまりあっけなくて写真すら撮っていませんでした。

もちろんすぐすぐ連れて帰るわけにも行かないので、それからしばらく準備をしてきました。嫁さんは外で飼えばと言いましたが、まさか生後数ヶ月の子を外に出すわけにはいきません。うまくしつけることができれば、室内飼いだって大丈夫じゃないかとも思っています。大きめのゲージにトイレ、クリートなどを購入し、迎え入れの準備が整いました。

昔げんたという犬が家にいて2006年に亡くなりましたが、犬を迎えるのはそれ以来になります。はたして、犬が家族に加わることで、どう暮らしが変わっていきましょうか。12月14日、今日迎え入れに行ってきます。