カテゴリー別アーカイブ: PCやMac関連

Windows7にしぶしぶ買い替え

仕事で使っていたPCがWindowsXPでして、サポートも完全に切られるしもうそろそろ潮時だろうということでWindows7のPCを買いました。3万9千800円なり。

なぜいまだにメインマシンがXPであったかというと、これはひとえに業務用ソフトウエアがXP対応であったからです。もちろん、バージョンアップすれば新しいOSにも対応できるのですが、業務に特化したソフトウエアというのは金額もお高いので、どっかのワープロソフトがごとく毎年毎年バージョンアップなんかできません。

PCやOSはいつでも替えられるんです。費用もたいしたことない。ただひとえに業務用ソフトウエアを使い続けるためXPを延命してきたのでした。

しかし、以前ならマシンを買い換えるとなるとかなりテンションがあがって、セットアップも気合が入ったものでしたが、どうも今回は「なんでもいいだろ、使えれば」という感じで、気乗りがしません。

もっとも、仕事の内容が今のPCで十分間に合っていたというのもあります。ゲームや動画のエンコードなどもすっかりしなくなった今、オフィスアプリケーションが使え、インターネットに接続できればそれでよいわけで。

それだけの用途なら、Core2Duo E6850という数年前のCPUでもまあ問題ないのです。だから、今回のマシンもかなりチープな構成にしました。CPUはCeleron G1620。最廉価版のCPUですが、これでもE6850よりか性能がいいそうで。

Intel Celeron G1620 vs Core 2 Duo E6850

まだインストールしているソフトウエアも必要最小限なので、サクサク動いていい感じです。

用途を限って使うならPCの性能はもう必要十分な水準に達してしまったのかもしれません。だから、情熱が向かないのかなあと思ったりもします。

昔はスペックがあがればこんな素晴らしいことができる、という希望があったのですが、今はそうではありません。PCに限らず、いろんな製品が高性能だけど、過剰すぎてお腹いっぱい状態みたいなことを感じます。

これは自分が年をとって、いろいろな製品の性能のアップについていけなくなってきつつあるからなのか、とも思ったりしますが、はたしてどうなんでしょう。

業務の移行が終わるまでは古いPCも平行して動かしていますが、今月のうちには新しいPCに切り替わるでしょう。でもこの古いやつもまだまだ使えるんだよなあ。OS入れ替えてLinuxの勉強でもしてみましょうか。

Bootcamp環境のWindows7からWindows8へアップグレードしてみた

Macにwindows8を入れる
外出先で活躍してくれたVAIO Pですが、そろそろお役御免の時期が近づいてきたようで、次からはMacBook Proを外に持っていく決意をしたのですが、やはりWindows環境もあったほうがいいので、Bootcampで手持ちのWindows7を導入しました。

仮想化ソフトも考えないではなかったのですが、どうも試用した感じではメモリを相当食いつぶしてしてもたついた感じがしたので、Bootcampにしたのです。Bootcampでの導入自体は特に問題もなく、アップルのサイトにある手順書を見ながらスムーズにWindows環境を構築することができました。

さて、Windows8のアップグレードプロモーション期限が2月28日までと迫っていて、この日を堺に1200円で導入できるものが25000円になるというので、たいへん迷いました。現時点でのBootcampではWindows8への対応を公式にはうたってないので、不安もありましたが、どうせ実験機だし思い切って入れてみることにしました。

Windows7を起動した状態でアップグレードアシスタントを起動し、目立った問題も無さそうなので、Windows8を購入するとインストールが始まり、順調かと思われましたが…

トラックパッドが反応しない

起動した後にカーソルが見当たらず、トラックパッドを触ってもなんの反応もありません。ここでドツボにはまりました。どうやら同様の症状はよくあることのようで、ここのサイトを参考にしたところ無事に解決しました。

とりあえずUSBマウスで作業をしなくてはなりませんし、まずWindows8でのデバイスマネージャの表示からしてどうするのかわからない状態だったりします。

最初のタイル画面で下の方を右クリックし、すべてのアプリを表示させてコントロールパネルに入ればデバイスマネージャを開くことができました。ここで、AppleのMultitouch関係にエラーが出ているのを確認、右クリックでドライバソフトウェアの更新でとりあえず、USB入力デバイスにしておいて、さらにドライバソフトウェアの更新で最新版を自動検索にすると、本来のドライバが表示されるようになるのです。これは先人の知恵がないとわからんわ…。

これでタスクトレイに常駐しているBootcampのコントロールパネルでトラックパッドの設定もできるようになっているので、二本指での右クリックとか設定出来ます。

ディスク容量が逼迫する

またBootcampなどではそれほど大きなディスク容量をWindowsに割り当てていないとは思いますが、Windows7からのアップグレードではかなりディスク容量をとることがわかりました。ぼくは64GBを割り当てていましたが、Windows8を入れた直後の段階で空き容量が11GBちょっとしかありません。これはひどい。

これはWindows7関連のファイルがまだそのまま残っているからだそうで、ディスククリーンアップを起動して古いファイルを削除する必要があります。またこのディスクのクリーンアップも見つからずここのサイトを参考に、なんとか古いファイルを削除し、空き容量を確保することができました。

というわけで、Bootcamp下でもWindows8がなんとか使えるようになりました。うーん、見た目は綺麗になったけれど、今までの常識が通用しないWindows8がなんか恐るべし。マイクロソフトアカウントと無理やり関連付けようとしているところなどもちょっと強引かなと思いますし。なれるまでちょっと大変かな…。

XPマシンの延命にはまる


WindowsXPのPCを未だに使っているわけですが、ひとえに仕事で使っているソフトウエアがXPにしか対応していないからであります。いやもちろんバージョンアップすればいいんですけど、業務用のソフトというのはバージョンアップ代金もバカにならない。アドビもびっくりの代金は到底払えない。そこで、XPをなんとか延命させているのです。

まあ長年使っているPCですからそれなりに調子が悪かったのですが、いよいよ9月になるとハードディスクへの書き込みが極端に遅くなってしまうという、深刻な問題が度々発生するようになって、その対策に大わらわでした。

普段はUltra DMAといって、理論上133MB/sでデータを転送しているハードディスクが突然PIOモードといって転送速度が約1/10となってしまうのです。こうなると、何をするにしても作業が遅延、最悪の時は読み書きができないなんてことにもなります。

これは、なんらかの読み書きエラーを通算で6回感知するとWindowsが安全のために転送速度を下げるようになっているためです。通称PIO病といって、いろいろ対策はありますが、普通に考えればハードディスクの異常か何かということになりますので、ハードディスクを交換すれば治るかもしれないという手順を踏みました。

しかし、やっぱり治らない。

何しろPIOモードですから、延々と時間をかけてバックアップを取ってハードディスクを交換したのですが、やっぱりダメ。もしかしたらソフトウエアを入れすぎていたので、それでかなあと思ったこともあり、新品のハードディスクにXPをクリーンインストールしてみました。

しかし、やっぱり治らない。

こうなるとハードディスク以外のハードウエアに問題があるのかと思い、ケーブルを変えてみたり、メモリチェックをしたりしてみましたが、やっぱりダメなんです。すぐにPIOモードになってしまう。

結局マザーボードの故障であろうという結論に至りましたが、ここまで費やした時間はなんだったのかという無力感がどっと襲って来ました。こんなことなら素直に新しいPCにしておけばよかったです。

幸いほとんど使っていないDELL製のVistaマシンがあったので、そこにXPをクリーンインストールして使うことにしました。以前よりもマシンスペックはダウンしているのですが、以前よりも快適に動いています。

しかし、未だにXPというのもなんだかではありますねえ。

知らなかった!MacのChromeは全画面表示でもツールバーに簡単にアクセスできる


メインで使うブラウザはWindows、MacともChromeにしています。いろいろな環境で簡単に同期ができるのはいいですね。

画面の狭いノートで使うときには少しでも表示領域を広くしたいので、最大化して使います。しかしもっと広くしたいときには、全画面表示(Macではプレゼンテーションモード)にすれば、Chromeのツールバーも消し去ることができます。ちなみにWindowsでは[F11]、Macでは[shift]+[command]+[F]のショートカットキーね。

Windowsで使っているとき画面が広くて便利は便利なのですが、こうすると拡張機能のボタンにアクセスしたいなあという時にちょっと困ったりするわけです。そういう時は[F11]をもう一回押して全画面モードを解除してからツールバーの機能にアクセスすることになります。

Chromeには[Ctrl]+[L]でアドレスバーにカーソルを移動できるというなかなか便利なショートカットキーもあるのですが、こういうのも全画面表示の時は使えないんですよね。うーんなんかジレンマ。

ところがMacはそうじゃない。

プレゼンテーションモードでカーソルを画面の上端に移動すると、ひょっこりChromeのツールバーが現れる。おまけにMacのメニューバーも現れて超便利。カーソルを戻すとそれらのバーもまた隠れてくれるのです。

ショートカットキーも使えて[command]+[L]を押すと、にょきっとツールバーが現れてアドレスバーにフォーカスが移ってくれるんです。

いや〜この機能は知りませんでした。MBPの画面解像度ではやっぱりちょっと狭いと感じることがあるんですよね。Macのノートを使っている方ならプレゼンテーションモードでもそんなに使い勝手を損ないませんから、試してみてください。

テキストエディタ探し

\"\"
モバイルルーターを持ち歩くようになってから、実はVAIO Pが再び活躍するようになりました。プロセッサはAtomで非力ではありますが、本体は軽いし、SSDなので雑に扱っても平気なのがいいですね。実はこのPCにはWiMAXにb-mobileのSIMも入った全部入りなんですが、PCに通信機能を入れたのはちょっと失敗だったかなと思います。これだけモバイルルーターの使い勝手がいいとは思いませんでした。

おそらくこのPCにBIGLOBE 3GのSIMを入れて、ルーターとして動かすこともできないわけではないでしょうが、そうなると例えばiPadを使いたい時もPCをオンにしておかなければならなくなります。昔のように一台のPCで何もかも作業するならば、通信機能内蔵が便利だったのでしょうが、今やスマートフォンやタブレットなどを使い分ける時代になると、やはり通信機能は外部のルーターに任せてシェアしたほうが便利なように思います。

まあ外での作業といえば、インターネットに接続して調べ物をしたり、メールをチェックして返信したりなんですが、そういうことはiPhoneでもできます。しかし、長い文を書くのは、やっぱりしっかりしたキーボードの付いたPCの方が楽です。

さて、文章を書くにはテキストエディタが必要なんですが、Windowsではもうずっと秀丸を使っています。Windows3.1のころからですからもう十何年ということになりましょうか。しかし、マクロなどはバリバリ使うわけでもなく、便利そうなものを拝借して使っている程度のことです。無償のいいエディタもあると思うのですが、最初に4千円も払っちゃったという気持ちがあるのでしょう、とにかく秀丸一択です。せこいですね(汗)。

ところが最近はMacを使うようになりまして、Macだとおしゃれなエディタとかいろいろあるじゃないですか。このVAIO Pとかどうせマルチタスクできるほどのパワーでもないし、いっぱいにウィンドウを開いてすっきりテキストを入力してもいいのじゃないかなと思ったのです。そこで、少し浮気をして秀丸以外のエディタを使って見ることにしました。

まずMacで有名なOmmwriterを試してみました。背景画像にただ文字を打っていくのは新鮮な感じがするものです。しかし、Atom搭載のVAIO Pでは文字入力がもたついてしまうことが判明。かなりのCPUパワーが必要なようです。残念ながら、画面が快適でも入力にストレスが溜まっては意味がありません。

次にJDarkRoomというのがあるということで、ダウンロードしてみました。起動すると黒の背景色に緑の文字はなんとなく懐かしい。コマンドもファンクションキーやコントロールキーを駆使するというどこかDOS環境を思わせるもので、とてもいい感じです。動作も軽快です。しかし、なぜか保存したファイルを再度開くと文字化けするんですよね…。テキストエンコーディングをだいぶいじったりもしたんですが、よくわからずじまい。もう少し深く勉強してみる必要がありそうです。

エディタ探しはまだまだ続けていこうかなと思いますが、結局秀丸が一番使い勝手がいいというオチになりそうな感じです。長い付き合いですからね、浮気してゴメンね。

レノボPCの修理顛末

レノボのノートPCが故障しましたが、サポートがすばらしく、あっという間に修理されて帰って来て感動しました。

所属している業界の集まりでPCを使った仕事が多いので、今年の春に会としてPCを購入しました。機種はレノボのG570。i5プロセッサ、メモリ4GB、HDDも500GBを搭載して54,800円となかなかの出物だったように思います。

この夏は様々な催しで大活躍して、メンバーの間を渡り歩いておりました。そして今度のしおかぜ駅伝で使用するときのために、ぼくのもとに戻ってきました。

さて起動しておこうと電源スイッチを入れたのですが、画面が暗転したままWindowsのロゴが表示されません。それどころか最初のBIOS起動画面も表示されないのです。ただ、しばらくするとWindowsの起動音はしてHDDも読みにはいっているようです。どうやら映像の表示に難有りの様子。

これではどうしようもないので、レノボのサポートに電話してみました。レノボで対応してくださった方は大変丁寧で、こちらが症状を訴えると即修理対応になりました。実は保証書の日付シールを紛失していたのですが、シリアルナンバーを伝えると保証期間内であるので、保証書などはいらないからPCだけ送り返してくれとのこと。

それでダイソーで梱包材を買って発送したのが11月30日。一週間位はかかるかなと思って、代替機の手配を知人に頼むなど奔走していましたが、なんと12月3日に送り返されてきました。結果はLCDパネルの不良ということでパネル交換。HDDの中身もフォーマットされておらずそのまま残っておりました。

某会社と違ってサポートもしっかり日本の方でしたし(^_^;)、対応もすばやく本当にありがたかったです。サポートがいいとそれだけでファンになりそうです。

といいつつも代替機を手配してくれてしかもEye-Fiカードまで買わせてしまった友人にはなんか悪いことをしてしまったような気もしないでもありません。でもEye-Fiカードは持っておいて損はないから…許してください。

Macに入れたアプリ

Mac購入から数日。懸案だったiTunesの移行も不十分ながらも完了し、サイトのブラウズやTwitterなど、ネット関係の作業をぼちぼちと構ってきまして、少しずつMacでの操作も慣れてきました。ようやくファイルの関連付けの方法もわかりましたよ。

仕事ではまだまだWindowsを使わなくちゃいけないし、すべてをMacで賄うわけにはいきませんが、テキストファイルを編集したり、インターネットを使ったりする作業を中心にやっていきたいと思っています。

いろんなサイトをまわって環境設定はそれなりにできたのですが、まだどんなアプリがあるのか、よくわかってないところはあります。Windowsなら定番と言われるソフトウエアの紹介サイトみたいなのはたくさんあるのですが、Macのソフトウエア紹介サイトの代表的なところが見つけられてません。そんな人のためにApp Storeがあるのでしょうが、App Storeに載ってないアプリもあるみたいで…。そんな中で一応今まで入れてきたアプリをメモとして書いておきます。

夜フクロウ(App Store)

Twitterクライアントもいろいろあって迷うのですが、Twitter公式アプリとこれは入れてさっそく使ってます。ひと通りのことはできるし、良い感じ。

Google日本語入力

標準でことえりを使って入力できるのですが、ちょっとでも操作の慣れたこちらを使ってみました。変換精度もいいし、特に不満もないので、Windowsでも使っているATOKを入れるかどうか、ちょっと考え中。

Chrome

WindowsではChromeを使っているので、すべての環境が共有できるので入れました。ところが標準のSafariがなかなか良い感じ。SafariなんてWindowsではとても使いづらいと思ってましたが、最近は拡張機能もあって、他のiOSデバイスとも連携できるし、案外Safariでいいかも。

Evernote(App Store)

紙資料やメモはほとんどこれに集約しているので、やっぱりかかせません。Webのクリップもこちらで取りたいですし。

FreeMemory(App Store)

空きメモリがどれくらいあるかわかるし、メモリ解放もできるそうです。調子に乗ってどんどんアプリを起動すると結構メモリを食うんですね。メモリが少なくなると、もたつくことがあるんですね。

ClamXav(App Store)

ウイルス対策を一応しておこうと思ってどれがいいとか全然わからないのですが、フリーソフトなので入れてみました。でもちゃんと動いているのかどうか今ひとつ自信がありません(^_^;)。

mi

何はともあれテキストエディタが欲しかったのですが、何があるのかさっぱりわからず、評判のよさそうなものを入れてみました。まだ全然使いこなせてないですが、とりあえず文字打ちだけはできますw。で、フォントを明朝にしたんですよ。いやほんと綺麗ですね。Windowsのエディタで明朝なんて使おうとも思いませんでしたから。

Growl(App Store)

iOSでいうところの通知センターの役割をするやつみたいですね。有料の1.3を入れてみました。でもよく使い方がわからんです(^_^;)。特にGmailのポップアップしたいんだけど、どうすりゃいいんだろう…。

AppCleaner

Macではアプリをゴミ箱にドロップでアンインストールと聞きますが、それだと設定ファイルとか残るそうなので一応念のために入れておきました。まだ使う機会はないのですが。

Dropbox

やっぱりDropboxがあると何かといいですね。無料コースなのでテキストファイルを入れておいたり、Windowsとちょっとファイルを受け渡しするときに使っています。

Launcher(App Store)

option+spaceで開いて、予め割り振っておいたコマンドキーを打つことで、調べ物をしたり、アプリケーションを起動したりいろいろできるようです。なかなか便利です。

ToyViewer(App Store)

画像をぱっと開けて簡単な編集もできる、WindowsでいうところのIrfanViewみたいなソフトウエアがないかなあと思って、入れてみました。まだ詳しくは使えてないけど、表示も早いしシンプルでいい感じです。

ほとんどフリーウェアでここまで揃うのだからありがたいです。作者の皆様に感謝。