カテゴリー別アーカイブ: iOS関連

iPhone4Sを買いました


14日はiPhone4Sの発売日。3GS使いの身として、今回さすがに買い換えることにしました。ホームボタンもだいぶ効きが悪くなっているし、スペックはものすごい進化しているということですし。

機種変もたいへんだった

予約しておいたので、発売日当日に入手できることになりわくわくしてその日を待ちましたが、当日はSoftbankの受付サーバーがダウンして一時は受付を中止する事態にもなり、午前中の受け取りをあきらめてショップからの連絡を待つことになりました。お昼頃にソフトバンクにお勤めの中島さん(@toriyou)から受付OKと連絡をいただいたので、お昼過ぎにお店に行って待っていると、せといさん(@setoii)もやってきて二人一緒に機種変をすることにしました。

ところが、1時半頃にまたしても受付サーバーがダウンで再起動をかけるとかで、用事があったぼくは真っ白なiPhoneの箱を目の前にしながらお店をあとにすることに。もちろん雑事もあまり身に入らないわけですが、3時頃にせといさんが受付開始されたとつぶやいたのを目にして再度お店にうかがいました。

お店に着くと斉藤さん(@saitou3)とばったり。斉藤さんは4からの機種変でSIM交換だけすればいいので早く帰られたようです。

せといさんといっしょにiPhone談義に花を咲かせながら、ほぼ一日がかりになりましたが、機種変更をしました。ほんとうに中島さんには、いろいろとお世話になりありがとうございました。

iPhone4Sのスペック

選んだのは白の32GB。キャリアはSoftbankのままにしました。今回はauからもiPhoneが出るということで話題でしたが、2年縛りを外すのを忘れていたのもありますし、auの発表する内容に不透明な部分もあったのでとりあえずこのままのキャリアでいきます。それに中島さんには前々から「今度買うときはお願いします」と約束もしていましたしね。

色はどちらでもよかったのですが、ちょっと前に買ったiPadの白がなかなかいい感じだったので、白にしてみました。容量も16GBではちょっと不足気味になっていたこともありひとつグレードをあげました。

同期に手間取る

お店から帰って、iTunesにつなぐと、なにやら今までのアップデートとは様子が違うので、戸惑いました。従来は接続したときに新しいiPhoneとして登録しますか云々聞いてきたような気がしたのですが、ともかく画面の指示に従っていくと、復元ではなくまったく新しいiPhoneになってしまいました。しかも全アプリの転送がはじまってしまい、後からアプリを削除したり、整理するのにまたさらに時間を要するはめに。

しかし、今回iOS5から有効になったiCloudのおかげで、新しいiPhoneといえども連絡先やブックマークなどのデータは完全に同期されていたのはよかったです。

さすがのパフォーマンス

やっぱり3GSから機種変をすると4Sは別物のように思えます。はじめてのRetinaディスプレイはパソコンの画面よりきれいにみえますし、重たいアプリもすぐ起動しまし、Webページの読み込みも早いです。


Geekbenchというアプリでパフォーマンスをはかってみると3GSの279に対して4Sは625と倍以上のスコアになりました。

ソフトバンクの通信速度はアレですが、動作がきびきびしているのでtwitterのTL取得などもはやくなった感じがして満足してます。3から3GSにしたときも速くなったと感じたものですが、今回はさらに上をいきましたね。

とはいえ、うちの3GSもiOS5に対応したし、今でもしっかりWi-Fi環境で動いているんです。これはこれで、まだまだ使えるんですよね。

で、冷静になって考えてみると、これからiPhone買おうとする方は、ちまたにあふれている白ロムの中古を買って、Wi-Fiルータを使って接続するのが、ひょっとしたら最強の使い方なのかもしれません。すきなキャリアを選べるし、他の機器も接続できるし、GPSも使えて、カメラの性能もtouchよりいいわけですから…。

iOS5に翻弄される

明日のiPhone4S発売を前にiOS5の提供が本日から開始されましたので、さっそく手持ちのiPhone3GSとiPad2に入れてみることにしました。

iPhoneを持っているなら皆さん楽しみにしていたわけで、ぼくが開始した午前2時半頃には多くの人がインストールを試みている様子。ところがtwitterのタイムラインを見てみると「インストールが終わらない」「ダウンロードが長い」「エラーが…」といつにない阿鼻叫喚で満ちあふれています。

ちょっとためらいましたが、ぼくもiPhoneを接続して同期を終え、新しいOSをダウンロードしてみました。まずダウンロードが約30分。さすがなかなか混雑している様子。それからiPhoneのバックアップがはじまり、また20分くらい経って「復元用の準備中…」と表示がされたあとに、いきなりダイアログボックスが表示されて、「不明なエラーが発生しました(3200)」と出てアップデートができない事態に。

どうもこれはアップデートのサーバーにアクセスが集中したせいだったらしい(
Apple iOS 5「Error 3200」は今や全世界のトレンドトピック)のですが、まだ早い段階で状況がわからず途方に暮れて、iPhoneの強制リセットをかけたり、セキュリティソフトを切ったりいろいろあの手この手を使ってました。

まああんまり意味がないことだったようですが、その後なんとかつながってOSを無事アップデートできました。今回のアップデートは時間のあるときに心の余裕をもって、行われるとよいと思います。しかしこれだけ混雑すると、明日のiCloudとかでの同期がつながるのか心配にはなりますね。

iPhone3GSで、動作がもっさりするかとも思っていましたが、そんなことはなく普通に使えています。3GSユーザーとしての一番の変化はやっぱり日本語入力かな。フリック専用の入力方式に対応したことで「ああ」と連続して打っても「あい」にならなくなったり、英字や数字へのアクセスがしやすくなったりします。変換候補もキーボードのすぐ上に出てくるようになって、言葉を選びやすくなりました。

ところが、この変換候補の位置がアプリによっては問題になることがあることもわかりました。

本来はこの場所にいろいろな機能が割り当てられているけれど。変換候補の欄が、後ろの文字を隠してしまう。たとえばぼくが常用していたtwitterクライアントのTweetingsですが、キーボードのすぐ上は「#」「@」といったハッシュタグなどの補完ボタンや、写真の選択やfacebookへの投稿機能に切り替えるタブとかあるのですが、これが日本語入力の変換候補の欄に隠れてしまいます。また長文を打つと文字列が変換候補の欄の裏側にまわってしまい、見えなくなってしまうということもあります。

同じような不具合はfacebookの公式アプリにもあって、コメントをしようとすると入力欄が変換候補の欄の後ろ側にまわってしまい、非常に見え辛くなってしまいます。

日本語特有の問題なので、アプリ側で対応するのも最後の方になってしまうのかもしれません。すべてのアプリが使いやすくなるのには時間がかかるかもしれませんね。

まあ半日くらいiOS相手につぶしてしまったかしら…(^_^;。そして明日はiPhone4Sの発売日。どうやら予約していたのを手に入れられそうなので、明日も仕事が手につかないかも…。

PCの電源を替えたらiPhoneが認識されるようになった話

iPhoneやiPadがPCに全然つながらなくなってました。普段なら接続するとUSB機器が接続された音がして、同期なり充電なりが開始されるはずが、USBケーブルをPCに差し込んでもうんともすんとも言わない。デバイスマネージャを見てもiPhoneが接続されている時にでる「Apple Mobile Device USB Driver」という表示も現れない。

iPadもiPod nanoも接続できません。ただ不思議なことにSIMが抜いてあるiPhone3Gだけはどういうわけか認識してたりして、わけがわかりませんでした。

twitterでもいろいろ教えていただきましたが、iTunesを修復しても、再インストールしても、デバイスのリセットをかけようと思っても全然うまくいかず途方に暮れてました。まあ、最近はインストールしていないアプリもクラウドからダウンロードできるし、データもFTPやクラウドで同期するアプリも増えてきたので仕方ない、いずれiTunesの音楽データを別のPCに移行すればいいかと思い、あきらめておりました。

さて、昨日その問題のPCが突然電源が入らなくなりまして、これは相当あせりました。一度電源を切って、再度電源スイッチを入れても何の反応もない。さっきまで問題なく動いていたのだから、これは電源かマザーボードが逝ってしまったのだろうと思いました。マザーボードがいかれているとやっかいですが、電源なら交換すればいいだけの話。不安を抱えつつ、PCショップに行って恵安のKT-F500という電源を買ってきました。

前の電源がケースに附属していた無名の380W電源だったので、少し余裕をもって500Wの電源です。電源の中では安い方ですが、いままでの無印よりはいいだろうと思います。これまでの電源がひどいといえばひどかった。未だに4ピンコネクタ中心でSATAのコネクタは二つしかなかったですもの…。

ケースをばらして、ケーブルをつなげていきます。コネクタ数は十分でした。これで動かなかったら悲惨ですが、電源ボタンを押したところ正常にPCが起動。やはり電源が逝かれてしまっていたのでしょう。

再起動してまたいろいろなUSB機器をとりつけていったわけですが、なんか安定している感じ。いままでだと、何回かUSB機器を抜き差しすると時々すべてのUSB接続がリセットされるような仕草がありました。そんなものかなと思っていましたが、今回はそういうのがありません。ちゃんと抜き差しした機器だけが外れています。

これはもしやと思い、いままで接続できなかったiPhoneをUSBに差し込んでみるとなんと認識するではありませんか。おかげで2週間ぶりにiPhoneやiPadの同期ができました。やはりバックアップとか音楽データの取り込みができるのはいいです。

しかし電源をかえたことで今回のトラブルを脱することができるとは思いませんでした。思うに、いままで電源の容量が貧弱だった上に劣化してしまい、USBへの電源供給がうまくいってなかったのが原因だったのかもしれません。

こういうとき自作のタワー型PCのありがたみを感じます。パーツを交換すればなんとかなりますからね。

iPadに入れたアプリたち


iPad買ってやっぱりアプリを入れないとどうしようもないわけで、とりあえず今のところ使ってるアプリを列挙したいと思います。

Air Video(ユニバーサル)

まあ動画を大画面でみたくてiPad買ったわけで、まずこれ。PCの方にもサーバーソフトを仕込んでおくと、mp4とかのファイルでなくても即時エンコードしながらストリーミング再生できます。PCにはある程度パワーが必要かもしれません。お試しのフリー版もありますので、試してみてからがいいかもしれません。うちのはCore2Duoなんですが、けっこうCPU稼働してます。これでレンタルDVDをリッピングしてとりためた動画も…ごにょごにょ…。

Evernote(ユニバーサル)

Evernoteにとにかく何でも入れているので、これも。画面が広いので、PDFなんかも楽々閲覧。新規ノートの作成もやりやすいです。オフラインでもノートを書いて、自宅に帰ってから同期すればいいですし。

Bamboo Paper(iPad Only)

画面広いし手書きメモも書きやすいだろうなということでそれ系のものを探してましたが、6月30日まで無料とかなのでこれを選びました。ワコムが作ったとあってなかなか書きやすいです。作ったページはメールで送信したり、カメラロールに保存したりできるので、Evernoteにぶち込めそうですね。ただし縦持ちの画面だけです。スタイラスペンが欲しいです。

HootSuite(ユニバーサル)

PCではやけに画面を広くとってからに邪魔な感じのHootSuiteも、一画面しか使えないiPadなら情報量がいっぱいつまっていい感じになっちゃう不思議。twitterにもFacebookにも投稿できるから重宝します。Web版と違ってRTの仕方もその場で選択できるのもなにげにいい。

MyPad(iPad Only)

Facebookの公式アプリがiPad版はないようなので、インストールしました。なんかサクサク動く感じがすごいいいです。ページとかアプリとかには直接飛べないみたいだけど、いざとなったらアプリからWebページに飛べるので、そこでアクセスできるようで。有料版もあるけど、画面が広いiPadなら広告があんまり気にならずとりあえず無料版で。

Flipboad(iPad Only)

おもしろいなと思ったのがこれ。Facebookやtwitterを登録しておくと、フィードやTLを雑誌をめくるような感じで閲覧できます。閲覧できるだけじゃなくて、そこからコメント書いたりもできるんです。ほかにもGoogle Readerやflickrなどのページも作れるみたい。

Last Pass Tab(iPad Only)

ぼくはパスワードをLastPassに預けているんですが、そんな人のためのブラウザ。会員制サイトのIDとかを自動入力してくれます。iPhone版と違ってプレミアムアカウントがなくても使えます。タブまわりとかはSafariよりも優れています。最初ブックマーク機能がないじゃないか!と思いましたが、考えてみればLastPass保管庫を開いてそこからサイトに入っていけばいいんですね。

Byline(ユニバーサル)

RSSリーダー。Google Readerとヒモつけできます。サクサクの操作感がいいです。フィードの中にリンクがあればそのままページを開けるし、なくてもSafariに飛んで見ることができます。広告フリーの有料版は700円もするんですが、広告小さいので無料版。iPadはあんまり広告が気にならないのがいいですね。

Wikipanion(iPad Only)

Wikipediaのブラウザ。ほぼPCサイトそのままの表示なので読みやすいし、違和感もありません。落ち着いた感じもいい。表示もサクサク。PCサイトよりもサクサクな感じはなぜ。有料版はキューとかオフライン表示とかできるらしいけど、無料版でも十分。

iSPEED(iPad Only)

株価閲覧用に。ぼくは楽天証券の会員なので、これ。会員じゃない人でも使えますが、10分程度の遅延があります。iPadには株価アプリが内蔵されてないので代わりに使えます。まあよくできてるわ。銘柄の条件絞り込みとかできたらいいいけど、基本はもってる銘柄がどんな値動きしてるかチェックするのが目的なんでしょうね。アプリ内注文ができるとありますが、アプリでWebを呼び出しての注文なので、一瞬の判断を大切にする人には全然向きません。

iMemoryGraph(ユニバーサル)

やっぱりiPadといえどメモリを食い尽くすことはあるわけで、こまめにバックグラウンドのアプリを消していくことですが、それでもメモリが回復しないときのためにこれを買いました。アプリ自体は無料なんだけど、メモリ解放するためにはアドオンを買わなくちゃいけません。メモリ解放早いです。

他にもあれこれ入れつつありますが、あれだ。あとは青空文庫が読めるアプリとか欲しいな。でもi文庫HDはちょっと高いので様子見。それからInstagramとかもiPadで出して欲しい。

でもね、iPadは画面が広いので、WebサービスはSafariでたいていのことができてしまうんです。これはけっこうメリットだと思います。WordPressの管理画面などにも普通に入れて、やってやれないことはないわけですし。

iPhoneほどにはアプリの種類がないiPadではありますが、専用アプリはやっぱりよく考えられて作ってあるなあと思います。画面が広い分見せ方とかにもこだわっていたりするので、かまっていておもしろいです。

物欲に負けた…

IMG_7960.JPG

月末ただでさえ忙しいのに、業界団体の年次報告とかもしあげなくちゃいけなかったり、どたばたの日々を送っているというのに、買っちゃいましたよiPad。ええ、こういうストレスの溜まるときにやっちゃうんですよ…。

とはいえ、前々からタブレット端末は欲しかったんです。SNSとかするにはいいんですが、Evernoteに突っ込んであるPDFファイルとか見るのにはiPhoneってやっぱり狭いんですよね。Webを見るのもやっぱりちょっと狭いんですよね。いや決して老眼というわけじゃないと思いますが…。

それでも我慢我慢。PCを開けばいいじゃないと思っていました。

そんななか背中を押したのがAir Videoというアプリ。これ、PCをサーバーにしてその中に入っている動画をストリーミング再生してくれるのですが、これなかなかいいんです。動画をiOS用に変換しなくても、ほとんどの動画ファイルをその場でエンコードしながら再生できます。ああ、この動画をベッドに寝転びながら大きな画面で見られたら…。

ふらふらと寄った電気屋さんでiPadをかまっていると店員さんが寄ってくる。在庫を問い合わせると「ちょっと確認してきます」と言って、奥に引っ込みました。どうせないだろうと思っていたら「お客さんありました!」と言ってすでに小脇に抱えているんですもの。

というわけで、買ったのは白のiPad。16GB、WiFiモデル。Air Videoなら動画ファイルを溜め込まないし、これ以上の通信費の負担を考えると3Gはちょっときついですしね。

さっそくセットアップをして、今までiPhoneで使ってきたユニバーサルアプリを中心にインストールしてかまっていますが、こりゃいいわ。画面が広いということがこんなに快適なんだと改めて思いました。アプリも広い画面を活かして凝ったインターフェースのものが多いんですね。

編集なども大画面だから楽チン。このポストもほぼEvernoteで書きました。大きな画面で見る動画もやっぱりいいです。

以前、くら寿司でiPadを操る子どもを見てやっぱりiPadは外で使うのは勇気いるなあと書いたことがありました。今回、喫茶店で取り出してつかってみたけど、なんとなくいけるじゃないかと思っちゃったり。

こんなことならもっと早くに手に入れてもよかった。通信費を考慮しなくていいなら3Gのが欲しいくらいです。iPhone解約しちゃおうか…いやいやiPhoneでなければできないこともあるし…うーん。

7notes mini を買ってみた

iPhoneで使える7notes miniが発売されたので、思い切って買ってみました。前から気になってはいたんですよね。

7notes miniは手書き入力のできるメモ帳です。手書きができるアプリはいろいろあるのですが、これは手書き入力を変換ができるのが売り。さらにメモをメールで送ったり、twitterやfacebookに投稿したり、外部アプリと連携してたとえばEvernoteに送ることができたりします。

機能は詳しいサイトがいくらでもあるので、個人的な感想を。

起動にはちょっと時間がかかります。3GSだとしばらく間があってから、前回編集していたメモが開かれて、そこから新規を押しと新しいメモが入力できる感じ。もちろん一度起動してタスクに入ってしまえば、次からは高速です。

けっこう崩した字でも認識できる

変換精度は評判通り高いです。まだあまり学習をしていないのに、けっこう崩した字でも認識してくれます。一文字入力しただけでは思った変換ではないときも、文節まで入力するときちんと変換されたりします。ですから、割と文節単位で入力していった方がいいみたいです。

ただ、iPhoneでは縦に持ったときに入力できる文字は3文字程度で、文節まで入力するとなるとちょっとたらない感じ。矢印キーを押せば右に入力画面が広がって続けて入力はできますが、ちょっと手間。設定で入力画面は2段にできて、入力エリアが広がりますが、今度は指で書くのがちょっと難しい。スタイラスペンが欲しくなります。

またたとえば「け」などを入力すると二文字にわかれて認識されてしまうことがあって、そういうときもスペースを削除するなど対処方法もあるのですが、これも少し手間がかかります。

総じて変換精度のすごさにため息がでるほど感動しますが、じゃあフリック入力より速いかとなると、ちょっと微妙。誤変換のあったときの修正に時間がかかったりします。まだ慣れていないせいもあるかもしれません。

文字認識精度は高いけど、解析するのに時間がかかる。3GSだからかな?

そういうときのために、設定で書き流し入力にして、とりあえず手書きでどんどん入力をしていって「後から変換」という機能もあります。これもけっこう感動しますが、時間がかかることはかかります。もちろん、キーボードを使ったフリック入力もできますが、これでは7notesの意味がありませんね。

外部連携は便利です。あらかじめtwitterやfacebookの設定をしておくと、簡単に送信することができます。そのときに、テキストとして送るか、画像として送るか選択することもできます。よかったのが、Evernoteにも送れること。テキスト、PDF、イメージ、7notesドキュメントの形式を選んで送るとEvernoteアプリが立ち上がってそのまま保存されました。

長文を入力するならやっぱりBluetoothキーボードにまさるものはないなあという感じですが、多彩な外部連携があるので、qTweetingsという投稿専用アプリのあった場所に、7notes miniを入れてみました。せっかくセール中とはいえ600円払ったのですからもう少し使い込んでみたいと思います。

サッカーの試合とくら寿司でみたiPadのお話し

昨日は今年卒園する上の子どものサッカースクールの最後の試合があったので、でかけてきました。子どものことなのでサッカーといってもフットサルのまねごとみたいなものです。4対4でキーパーはなし。ラインの外に出ても試合続行。そんな感じです。

親子で対戦する試合もあって親の人数も足りないので試合に参加してきたのですが、けっこうきつかった。傷はほとんど癒えて動いてもそれほど痛みはないのですが、体力がついていきません。5分ほどの試合でけっこう汗をかいて息があがってしまいました。幼稚園生相手なのに…。

最近上の子はサッカースクールでもめ事を起こすことも多いらしく、負けて悔しくて泣くのはいいのですが、自分のことを棚に上げて誰それが悪いと言いだし暴力までふるうとか、ちょっと転んだくらいでへそを曲げてしまいもう試合を放棄するとか、そんな報告を嫁さんからもらっていたし、先生からも聞いていたので、以前きつくしかったことがありましたが、今回は別にそんなこともなく勝っても負けても楽しくやっているようでした。ちょっと杞憂だったかなと思った次第。

つつがなく大会も終了してちょうどお昼時だったので何が食べたいか聞くと、くら寿司に行きたいということで行ってみたらさっきまで一緒だった幼稚園の友だちがこぞってきてました。どこの家庭も考えることは同じだなあと笑いました。

土曜日のお昼ということもあって、けっこうな待ち時間があったのですが、そのとき幼稚園の友だちがiPadを取り出し、太鼓の達人を遊びはじめたのですが、いきなり出てきたiPadに少しく衝撃を受けました。でかいし、やっぱり存在感ありまくりなんですよね。

実は新しいiPadが発表になって、ぼくはiPhoneやめてiPadにしようかと思っていたんです。画面が大きいので子どもたちも扱いやすいし、通信費もちょっとは安くなるし、どうせ通話なんぞしないしどこでもiPadを取り出して何かやってやろうと思っていました。しかし、くら寿司でiPadを操る子どもをみて、やはり公衆の面前でいきなりiPadを出すのは相当勇気がいるなあと思い、ちょっと気持ちがしょげました。

やっぱりあのサイズは家などでPCに向かうでもなく、ゆったり使うデバイスなんだなあと思います。小さいサイズのiPadが欲しいという人はたぶん同じようなことを考えているんじゃないかな。

最近iPhoneの電池のへたりがだいぶ気になるようになりましたが、順当に行けば今年の夏頃にはiPhoneの新しいのがでるでしょう。それまでやっぱり我慢しますか。